間と登るロープワーク(1)

メール Timtam Q&Q2

リードアンドフォローのロープワーク
(T=トップ S=セカンド),【1】から【6】まであります。)


【1】準備

TS…クライミングギアを装着する。

*ギアを吊り下げるためのスリング(:ギアスリング)を左手を通して右肩にかける。ザックを背負ってから60cmスリングX本(内1本は120cmスリングの両末端をカラビナで連結したもの)を右手を通して左肩にかける。HMSカラビナ1ヶをハーネスのビレーループにかける。安全環付普通カラビナ2ヶと普通カラビナXヶとその他(ハーケン&カム&ナッツ&ナッツキイetc)をギアスリングにかける。腰のハーネスのギアラックにヌンチャクYヶをかける(X+Y≒12)とビレー器をかける(カラビナで吊す)。

  
*肩幅が小さい場合はスリングが肩から外れてしまう可能性がある。また、ロープを巻いて肩にかける場合は肩にかけたスリングが取れなくなる。それらの場合は小さくまとめて腰(ハーネスのギアラック)に吊るして携行し、必要な場合のみ肩にかけるようにする(写真左はスリングに撚りをかけて吊るす方法、写真右はアルパインヌンチャク)。


TS…ロープの上と下を作る(ロープをほどく)。

*ロープの末端(末端Aとする→反対側を末端Bとする)をセカンドにわたしてセカンドのハーネスに末端Aを結ばせる。

*ロープをほどき地面の上にどんどん重ねて行く。

*ロープをほどいて末端B(一番上)まで来たら、トップのハーネスにその末端Bを結ぶ。


TS…ロープで互いにつながる(独語でアンザイレンと言う、エイトノットプラス留め結びで結ぶ)。

*シングルロープの場合ビレーループの左側に結ぶ。
(参考)右側に結んで誤りではないが、右利きの人の場合はビレー動作が見やすいので、左側に結ぶことを勧める。

*ダブルロープの場合ビレーループの左右両側結ぶ。
(参考)ダブルロープの場合ビレーループの左側に一本結び、もう一本はビレーループにつけた安全環つきカラビナに結ぶという方法がある。ロープのもつれを素早く直せるので便利である。この方法はハーネスの取扱い説明書に書かれてないので安全度の検証はなされていないと承知していなければならない。


S…セルフビレー(ビレーヤーの立つ位置に注意)・・・@
*立ち木などのしっかりした支点があれば長く太いスリングをタイオフしてそれにカラビナをかてカラビナを反転させ、それにメインロープを使ってクラブヒッチ(インクノット)を施してセルフビレーをセットする。

*後ろの立木(セルフビレーをセットした立木)と最初の支点(ハーケン等)を結ぶ直線上で、しかも、セルフビレーにゆるいテンションがかっかっている位置に立つのが理想。

*上からの落石が避けられるようにセルフビレーをセットする。
*墜落の可能性のない平坦地からスタート出来るシングルピッチの岩場ゲレンデの場合はセルフビレーをセットしない。

*セルフビレーをセットしないセカンドの場合(主にシングルピッチの岩場)とセルフビレーをセットしたセカンドの場合(主にマルチピッチ2ピッチ目以後の場合)のどちらも同じで、トップが墜落すれば正面の岩壁に激突する、だから、一個目の中間支点の真下で、岩壁にピッタリくっついた位置に立ち、トップが中間支点の三つ目をセットするまでは岩壁から離れないこと。

*ルンゼやクラックの下には立たない(落石の通り道)、少しでも岩がリッジや稜になっている所の下に立つ。

*上に人(トップや他パーティ)がいれば必ず石が落ちて来ることがわかってビレーする(もちろん上に人がいなくても落ちて来る)。休憩も含めて岩場の下や中にいる時は全て、セカンドだけでなくメンバー全員が落石に対する注意を怠らないこと。←落石が来たらそれを最後までそれを見てかわすこと。

参考資料(ビレーヤーの位置)を参照のこと。


S…トップのビレイはボデイビレーで


*ビレー器具はATC、ハーフマスト、エイト環から選択

*ダブルロープの場合はATCで、沢登りの場合はエイト環で


S…「ハーネスオーケー」
*セカンドは『トップのハーネスとロープとが確実に結ばれているか。ハーネスのベルトがバックルの所で折り返されているか(折り返さなで良いタイプもある)。』を点検して指差し呼称する。

T…「ビレーオーケー」
*トップはセカンドのビレーシステムのセット状況を点検して指差し呼称する。

S…「登っていいよ」 T…「行きます」

T…「見えなくなって、合図も聞こえない場合はロープがいっぱいになったら登って下さい。」


【2】トップ(リーダー)の登攀

T…ランニングビレー

*1つ目のランニングビレー(支点構築の3要素)
@早く→ビレーシステムの構築(1つ目はセカンドのための要素が大)
A短く→グランドフォールを避ける(2つ目からはロープの流れのために長くして可)
B強く→ヌンチャク使用がベター(1つ目は墜落の際にかかる衝撃が大、衝撃吸収力有・短く・超軽量なヌンチャクがあると良い)



*ロープの流れを考えてスリングの長さを決める。

*ハーケンにスリングを通してスリングを二つに折りそこにカラビナをかけカラビナを反転させ、そのカラビナにロープをクリップする場合が多い。

*ハーケンの穴がつぶれていることが多いので幅の細いスリングが有効、ヌンチャクは使えないことが多い。

*ハーケンなどの支点が不足している場合は潅木を使ったりハーケンを打ち足したりナッツを使ったりして補足する。

*ナッツ回収器(チョクッレンチ)を携行するとそれに助けられることが多々ある。


S…「あと二十メートル」、、「あと十メートル」
*セカンドはトップにロープの残りの長さを知らせる。

*残りのロープがなくなった場合、セカンドは自分のセルフビレーを解除して、トップとロープいっぱいの距離を保ちつつ登り始める。
T…テラスにてビレーポイントの設営(一行下の@〜Bなどの方法をその場の状況で選択する)、同時にセルフビレーをセットする。


【3】ビレーポイント設営
*ビレーポイントの設営には


@メインロープを複数の支点にクローブヒッチで連結する(荷重の流れを考えて連結の順を決める)

Aデイジーチェーンとメインロープによる固定分散を使用する(デイジーチェーンに衝撃吸収力がないことを知っていること)


Bスリングによる固定分散を使用する


C180cmスリングを使い流動分散から固定分散に移行する
・・・などの方法がある。

固定分散の項をごらん下さい。

*衝撃荷重が緩和出来るので、出来るだけメインロープを使ってセルフビレーをセットすること。

*支点とハーネスをスリングで結ぶだけのセルフビレーのセットは、それに必然性がある場合を除いて、勧められない。
◆例えば、2ピッチ目を登り出して、2m登った所で、中間支点をセットする前に、トップが墜落したとする
(もちろんトップは出来るだけ早く1つ目の中間支点をセットしなければならないのだが、ついつい遅れてしまうことはよくある)
◆セカンドは予定外の方向
(上でなく下)に引きずり落とされる厳しい状況になりながらビレーの手を握り締めることだろう。ビレーがうまく行けば、トップはビレーヤーの2mの下まで計4m墜落した所で止まることになる。

…セルフビレーをデイジーチェーンやスリングでセットしていた場合は2mのメインロープで衝撃を吸収する。

…セルフビレーをメインロープ(例:長さ1m)でセットしていれば、2mにセルフビレーの長さ1mを加えて3mのメインロープで衝撃を吸収することになる。メインロープでセルフビレーをセットした方が衝撃吸収能力が大幅に向上する(この例では5割増)。



【3】ロープアップ&セカンドをビレー

T…「ビレー解除」


S…「ロープアップ」、「ロープいっぱい」


T…ロープをたぐり上げる


*たぐり上げたロープは足下に置くか、ロープを置けるほどのスペースがない場合はセルフビレーに振り分けて掛ける。


T…セカンドに対してのビレ−方法は以下から選択

エイト環グリップビレー


(太かったり古く毛羽立ったロープ向き、細いしなやかなロープには制動力不足、緩斜面や滝登り用)

・ロープのセット方法がシンプルで初心者でも扱いやすい。ロープが濡れてもOKで滝の落ち口でのロープの屈曲に対応出来るので沢登りに向いている。

・エイト環は輪の大きいクラシックタイプを使用すること。輪の小さい物や輪が四角の物はロープの流れがスムーズでなく使いにくい。

・緩い斜面向き。

・太いロープや毛羽立った古いロープだけでなくロープが濡れていても対応出来る。細いロープ、新しくて毛羽立っていないロープに対しては制動力不足。

・ロープのキンクがあまり生じない性質があるのでロープドラッグが大きいルートに向いている。

・蛇行が少ない垂直なルートででしかも新して細いロープ(例:7mm)を使っている場合には制動力不足になるので次の方法で対応すること。

@エイト環の近く(30cm程度)に立っている場合はビレーヤー側のロープを上方向に引き揚げ上げて制動力を増す方法と併用する。

Aエイト環の下方遠くに立っている場合はビレーヤー側とクライマー側のロープ2本を束ねて握るグリップビレーと併用する。

Bビレーヤー側のロープをビレーヤーの体側に沿わせて制動力を増すことと併用する。


・オートロックがかからないので、ロープのテンションを緩めることやセカンドをロワーダウンで降ろすことが容易に出来る。


・附録:エイト環は、2本のロープを使うダブルロープの場合のセカンドのビレーはオーケーだが、トップのビレーには向かない(エイト環の中を1本のみロープが高速で動くともう1本のロープを痛める可能性が高いので)。ダブルロープで登るトップのビレーには、ATCガイド(左右非対称形)又はクラシックタイプ(左右対称形)ATCが適している。

附録:エイト環は懸垂下降のロープセットが非常に簡単でシビアな場所や状況で懸垂下降をする場合に強力なアイテムとなる。エイト環は結び目通過が容易に出来る。

ハーフマスト支点ビレー


(ロープを選ばない、短いルート向き、ロープを張り気味でビレーするとロープが激しくキンクする)

・セカンドのビレー状態から吊り上げシステムに移行しやすくガイドが用いることが多い。

・緩斜面〜垂直〜オーバーハングの岩場までルートの角度を選ばない。

・超細い補助ロープから太いロープや毛羽立った古いロープにも対応出来る(ロープを選ばない)。

・正しくセットすること、ハーフマスト結びは離れた所からではチェック出来ない。

・岩角などでロープの擦れ(ロープドラッグ)が大きく、ロープを引き上げるのに力がいる場合には、引き上げる距離が長いとロープが激しく捩じれる(キンク)する。

・オートロックがかからないので、ロープのテンションを緩めることやセカンドをロワーダウンで降ろすことが容易に出来る。

・附録:ハーフマストは、2本のロープを使うダブルロープの場合のセカンドのビレーはオーケーだが、トップのビレーには向かない(HMSカラビナの中を1本のみロープが高速で動くともう1本のロープを痛める可能性が高いので)。ダブルロープで登るトップのビレーには、ATCガイド(左右非対称形)又はクラシックタイプ(左右対称形)ATCが適している。

・附録:ハーフマストヒッチは懸垂下降のロープセットが割と簡単だがその方法は広く知られてはいない。また、長い距離の懸垂下降だとロープが激しくキンクする。


ATCガイド(orルベルソキューブなど)でビレー


(新しくてしなやかで、8ミリ〜9ミリの細い径のロープ向き


・ATCガイドを支点に吊るす(ATCガイドのビレーホールと支点を普通の安全環付カラビナで連結する)。次にATCガイドの横に書かれた略図のようにロープをセットする(このセットにはHMSカラビナを用いること)。ネジ式の安全環が便利(安全環の閉め忘れおよび強く締めすぎないように注意!)

・上の写真の場合はクライマーがやや左側から登ってくる場合でこのHMSカラビナが左にあった方がロープの操作性が良い。

・セカンドの墜落に対して自動的にロックがかり、さらにそのロックを解除出来る仕組み(小さい穴)があって、便利である。

・セカンドが落ちてロープに吊られると水流に向かう場合は使用しない方が良い(セカンドが溺れる可能性有り)。なので沢登りには向かない。

・セカンドをビレーするセット方法とオートロックの解除法に習熟すること。

・オートロックの解除法に習熟していても、その操作はデリケートで時間がかかる。

・強いテンション(例:途中に中間支点が少ない状態での宙吊り)の場合、筋力弱く体重も少ない人(線の細い人)がオートロックの解除をするのはかなり大変である。

・ビレー中に手を離すことが出来るので「2本のロープの片方だけを引き上げる」とか「ガイドがビレーポイントに上がって来たお客様にセルフビレーをセットしてあげる」などの作業がしやすい。

・ATCガイド(左右非対称形)は太いロープや毛羽立った古いロープを使用するとロープがビレー器の中をスムーズに動かず苦労する。
ちなみに、クラシックタイプATC(上下左右対称形)は太いロープや毛羽立ったロープでもロープはスムーズに動くが、セカンドをビレーする場合は支点有り返しビレーを使うことになりめんどうである(後述)。

・附録:ATCガイドは、2本のロープを使うダブルロープの場合に使いやすい。

・附録:ATCガイドでトップをビレーする場合に、ATCガイドの横に書かれた略図のように使うハイフリクションモード(ハンガーボルトの様な強い支点用)と、それと反対のギザギザ側にクライマー側のロープあるように使うローフリクションモード(ハーケンや手打ちボルトの様な弱い支点用)があって、使いわけられる。

・附録:ATCガイド及びクラシックタイプATCは懸垂下降のロープセットは2本のロープをセットする分だけ面倒なので、懸垂下降器としてはエイト環よりかなり不便である。

・附録:オートロック型のビレー器は「ジジ」、「ルベルソー」、「カラビナビエンテ」など昔からいくつかあるが、どれもロックの解除が大変である。解除用の小さな穴(解除ホール)をビレー器を吊るす穴(ビレーホール)の反対側に付加するという発明(たぶん2006年発売のルベルソーキューブが最初)されて、ATCガイド型のビレー器具が、2014年の現在、多くのクライマーに受け入れられるようになった。しかしながら、そのロックの解除は思ったより簡単でないので(練習が必要)、ATCガイド型のビレー器のさらなる改良を望んでいる。


解除法@:解除ホールに補助ロープを結び、そのロープを上部の適当な位置に作った支点から吊るしたカラビナに通し、さらにビレーヤーのハーネスと結ぶ(補助ロープに弛みがないように結ぶ)。ビレーヤーはビレーの手側のロープをしっかり持ちながら(ガクンと落ちるように解除されるのを防ぐために)、ゆっくりとしゃがみながら補助ロープを引いて、ATCガイドをロックが緩む向きに(ビレーホールを中心にして)回転させる。

解除法A:解除ホールにカラビナのゲートのバネでない側を引っかけて、それをテコにして、ATCガイドをロックが緩む向きに(ビレーホールを中心にして)回転させる。腕力の弱い人の場合はこの方法が出来ない可能性が高いし、習熟していないとガクンと落とす状態で解除してしまうので、
解除法@を最優先させること

解除法B:HMSカラビナを上下にキコキコと動かす(数センチメートルオーダーでわずかにロープを緩める方向に動かすことが出来る)。

・附録:1つのATCガイドで後続2人に繋がるロープを2本同時にビレーすることが容易である。しかし、一人だけ降ろすことが大変なので注意が必要である(
テンションのかかっていない方のロープにフリクションヒッチを施してからロックを解除しなければならない)。

・附録:ATCガイドでロープを登る方法がある。即ち、ハーネスのビレーループに降りる方向にロックする(登りはロックしない)ようにそれをセットし自分で自分をビレーしながらロープを登る(ホールドが豊富な緩斜面に有効である)。


腰がらみ(凹地に座って行う)


(確実に身につけておきたい必要技術)

腰がらみ別タイプ
@ATCボディビレー(腰がらみの一種、セカンドに正対して行う)

Aエイト環ボディビレー(腰がらみの一種、セカンドにし正対して行う)

・太いとか毛羽立つとかの使い勝手の悪いロープでも対応できる。かえって、太くて毛羽立っている方が制動力が強くなる。

・ビレー用の支点が不安な場合あるいはそれが無い場合は腰がらみしかない。
←重要

BATC支点折り返しボディビレー
(今はあまり使われないので知っておく程度で良い)

・折り返しの支点への加重が、その支点にATCガイドを吊るす方法(ビレーホールを用いて吊るす)でビレーする場合の2倍(静的に荷重した場合)になるので、使わない方がベターである。

・附録:クラシックタイプATC(左右対称形)は太いロープや毛羽立ったロープでもロープがスムーズに動くが、最近はセカンドのビレーには用いなくなった(支点折り返しビレーになるから)。クラシックタイプATC(左右対称形)はトップのビレーの時に有効である(ダブルロープの時にも有効である)。


速さ重視のビレー(各種)
・肩がらみビレーは自分より充分に体重の少ない相手に有効、しっかりした足場の場所で行うこと。そうでない場合は座って行う腰がらみビレーを行うこと。

・岩角(or樹木or鎖場の鎖or太い杭)にロープをからめてビレーする技術はビレーの原点、身につけておきたいものだ。(岩角がらみは人間より大きいくらいの動かない岩を利用のこと)

・グリップビレーは最速、緩斜面などで有効な場合が多い。

・ATCグリップビレー(=ロープをセットしたATCのHMSカラビナを支点から吊るし、ATCのすぐ下でロープを握ることでグリップビレーする方法)は普通のグリップビレーよりは2本のロープを握り締める場所が分かりやすい。本質的にはグリップビレーなのでATCを介していても他のビレー器のように簡単にはロープを停止出来ないので、初心者及び中級者は使うべきではない。上記グリップビレーと共に、太くて古くて毛羽立っていて、ハーフマスト支点ビレーが使えないほどに流れの悪いロープに有効である。

・エイト環簡易掛けはロープが凍った時とか太いロープ2本でダブルロープで登る場合に使える。ロープが流れすぎるのでしなやかなロープに対しては使わないこと。

・附録:懸垂下降で肩がらみというビレー器を使わない方法がある。緩斜面向きで急斜面や空中懸垂ではロープが体に食い込みながら擦れるので痛くてつらい。



【4】セカンドの登攀

T…「登っていいよ」 S…「行きます」


S…セルフビレーの解除、ランニングビレーの解除。


【5】セカンドとトップがテラスで合流

S…テラスにてセルフビレー
*登攀具の受け渡しは複数回に分けて行うこと。


TS…休憩も可


TS…TSの距離が近いほど危ない。

*ロープが短いと衝撃吸収力が少ない。

*支点が少なくなるのでシステムの強度が落ちる。

*危ない事は安心した時に起こる。また、危ない事はいくつかのヒヤリとした事を何度か回避した後、予期せぬ時起こる。


【6】2ピッチ目

TS…ビレーシステムの変更
*支点ビレーを使っていた場合はボデービレーに変更(支点折り返しビレーの場合は変更なし。支点折り返しビレーは支点にかかる負担が大きく、ロープの操作性も今一歩なので最近はあまり使われない)

*トップが入れかわらない場合(ロープの上下の入れ替え‘=ロープの上と下の作り直し’、@に戻る)


リードアンドフォロー「ビレー解除」の合図が届かない場合,

@トップがビレーポイントに着き、セルフビレーをセットしてセカンドに向かって「ビレー解除」と合図を送ったが、風の音や水の音にかき消されて合図が届かない、あるいは届いているのだがセカンドからの「ロープアップ」の合図が返って来ないことがよくある。

合図が届かない場合はトップはロープアップをしてはならない。トップはロープアップをせずにセカンドのビレーシステムを作り、セカンドをビレーするつもりでロープを少しずつたぐっていく。ロープがたぐれない場合はセカンドがブルージック方式(沢登りノートの
ロープフィックスの項を見て下さい)で登って来るのでビレーの姿勢をずっと保って待機する。

@セカンドは「ビレー解除」の合図が来ないからトップのビレーを解除出来ないでいる場合と、「ビレー解除」は届いたが「ロープアップ」の合図がトップに届かないのでロープがどんどん引き上がらない場合がある。どちらの場合もあせらずの「ロープいっぱい」の状態になるのを待つ。

@セカンドは「ロープいっぱい」の状態になったら、セルフビレーをほどき登り始める。

@トップとセカンドとの合図の行き来がなくてロープがいっぱいになった場合には、トップはセカンドをビレーしているか、50メートル(or 45メートル)いっぱいにロープが伸びた所を登攀中のどちらかの状態になっている。

@トップがセカンドをビレーしている場合はその時点で問題は解決されている。

@トップが50メートル上を登攀中の場合はコンテニアスクライミングになるが、途中にランニングビレーがいくつも入っているのでかなり安全な状態にある。セカンドはロープをたるませることなく50メートルの距離を保って登りつづければよい。長く登らないうちに、いずれ、トップはビレーポイントに到着して、ロープが一時的にストップし、再び上がり出す(セカンドのビレーをしている)。セカンドはロープに引かれるに従って
登って行けばよい。

@セカンド、サード、フォースと何人も後続がいる場合がある。セカンドはロープがいっぱいになったら、そのロープを固定してしまいブルージック方式で登ります。トップと連絡が出来る所まで登ったら後続に様子を伝達します。連絡が届かない場合はクライムダウンして連絡します。ロープがもう一本ある場合はトップからのロープの末端につながり、サード以降のためにもう一本のロープを引いて登るのでも良い。



合図(技術のコンセンサス)
@2004年5月第四週の葛葉川は締め切り手続きのタイミングが遅れて、定員10名を大きく上回る18名の大部隊となりました。遡行の途中から雨が降り出し気温も下がって長く立ち止まるとかなり寒い状態でした。中盤にある高さ7メートルの滝をリーダーのMはロープを出して登り、ロープウェイ方式(
「岩登りの注意」のページにあるエイト環グリップビレーの項をごらん下さい)で後続のメンバーを滝の上げようとしました。一本のロープでは時間がかかるので、「もう一本ロープを上げて!」と下にいるスタッフ会員のSさんに向かって叫びました。でも、滝の音に消されて内容が伝わりません。それで、Mは自分の手に持ったロープを「コレ、コレ!」と指差して、その指を上に向かって二回突き上げて「アゲテ、アゲテ!」とジエスチャーしました。何度やってもなかなか伝わらず、もう一本のロープが上がったのは10名ほど滝の上に上がった後でした。

@沢登りの技術は目的や安全度は同じでも、山岳会や登山教室や登山ガイドによって微妙に手順が異なります。Timtamの沢に何度も行く会員であるならばTimtamの沢登りの技術でコンセンサスをとっておかなければなりません。Timtamの沢に二ヶ月に一度くらい行きながら1年も経てば、沢の音が大きくて、会話がまったく聞こえなくても、Timtamのやり方では、次にどんな行動に移るかがわかるようになるのです。予定している行動に移っていい時は両手で頭の上に丸を作り、ちょっと待たねばならない時は両手を頭の上でクロスしてバツを作ります。少なくともリーダーとサブリーダーはそれだけで通じる関係であるべきです。

@丸やバツを出しても見えないし声も聞こえない時にはホイッスル(バスケットの公式審判用のやつが音が大きい)を吹きます。丸の場合は鋭く一吹き「ビー!」、バツの場合は短く何回も吹きます「ビ、ビ、ビ、ビッ!」。

@丸やバツも見えないしホイッスルも聞こえない場合はロープの動きをみて判断します。トップの引くロープが出ていってロープ一杯になったら、合図が聞こえなくてもセカンドは登り出します。3人目、4人目がいる場合はセカンドは二本目のロープを引いて(ビレーしてもらうのがベスト)登ります。岩登りの注意のページの「ビレー解除の声が届かない場合」の項もごらん下さい。

トップロープの支点の作り方


写真の赤ロープは細いが、実際はなるべく太いロープ(11mmぐらい)を使うこと。右上と左上に超頑丈なアンカーを見つけ、そのアンカーからロープ(赤)を引いて来て、写真のように岩角より先に結び目を出す(必ず結び目を作ること)。結び目を出すのはメインロープ(下の写真の緑ロープ)がなるべく岩に擦らないようにするためである。ロープ(赤)でなくてスリングでも良い。


ゲートを反対向きにしたカラビナを2個使う。安全環が緩んだ例があるので安全環付カラビナであっても2個使う。普通カラビナ2個でも良い。


メインロープ(緑)をかける。写真では細いロープだが、10mm以上の太いロープが良い。細いロープだとロープの伸びのために、相当に長い距離で落ちてしまう。


トップロープの支点の近くに支点があれば、そこからのランニングビレーを残して、バックアップの支点とする。とにかくこれでもかと思うくらいに頑丈に作ること。



改良型流動分散方式
フリークライミングシングルピッチルートの終了点(10mm径のハンガーボルト2ヶを横に並べたタイプ,鎖でつながったラッペリングステーション等)の終了点にトップロープを張る場合に用います。流動分散によって終了点を守ることが出来、しかも一方の支点が壊れても流動する距離が小さくてすみます。支点が2ヶなので、別の支点からバックアップを施して安全度を高めて下さい。
注:流動分散はトップロープの支点(シングルピッチルートの終了点)のみに使用して下さい。マルチピッチのビレーポイントとして使ってはなりません。支点が流動することでビレーシステムが壊れます)。


クライマーは120cmナイロンスリングの両端に普通結びを施してこれを肩にかけるなどして携行して登ります。流動する支点なので、融点の低いダイニーマスリングよりナイロンスリングの方が良いです(摩擦熱によるスリングの痛みが少ないからです)。


左右2ヶのボルトにカラビナをかけて、持ってきたスリングを吊します。スリングの中央部分に流動分散を施します。カラビナを2ヶ反対向きにしでトップロープの支点(終了点)として下さい(安環付カラビナを使っていても必ず2ヶ)。

◆初心者には次のような対策が必要です。

@途中でのレストの方法、終了点や途中からロワーダウンの方法を練習してから登ること。

A上からのロープが弛んでいたら「張って下さい!」とビレーヤーに伝えること。

Bロープが緩んでいるのにどんどん登らないこと。

C上の折り返し支点から降りてきて初心者のハーネスにつながるロープを手繰って登らないこと。

Dビレーヤーから上の折り返し支点に上って行くロープは手繰ってもよい(ゴボウで登ることになる)。

E手を離す時は大きなテンションをビレーヤーに要求してから手を離すこと(テラスとか岩角に当たらないようにする)。

Fクラックに手や足をジャミングしている時は不意に落ちないこと(ジャミング部分に大きな衝撃がかからないようにする)。

◆トップロープクライミングによる大きな怪我は登り始めに起きやすい。クライマーからトップロープの支点を経由してビレーヤーまでの ロープの長さは登り始めが最大であるからで、「墜落した時のロープの伸びは数メートルになってグランドフォールの可能性がある。」 と知っていなければならない。登り始めは必要以上にロープを張って(テンションをかけて)おくこと。

◆トップロープクライミングによる重大事故は、トップロープのセットの時と回収の時に起きている。 他のメンバーを待たせている、一人の孤独な作業である、朝一番で体が暖まっていない、日暮近くで帰りを急いでいて疲れていて注意力 が散漫になっていてる、トップロープの安心感がセットや回収の危険を忘れさせる、などの理由がある。トップロープのセットと回収は その山行のリーダー(or熟達者)が行うべきである。そうでないメンバーの場合はリーダー(or熟達者)が同行し慎重に安全をチエックするべきである。

*トップロープのセットに熟達してないのに「回収は私が行きます」と進言して来る人が多いので要注意!

終了点について、トップロープをセットしてからロワーダウンで降りる。(トップロープフリーの岩場)

リーダーの動作
@トップロープの支点を新たにセットするのは終了点の消耗を少しでも減らすため & トップロープが残されていてもそのロープの脇を別パーティがリードクライミングで登れて同ルートの終了点を使ってロワーダウンすることが出来るようにするためである。

@ロワーダウン用に設置されたリングやカラビナなどを支点として使わずに自分のカラビナでトップロープの支点を作る。


@終了点の様々な状況に合わせてトップロープの支点を作る。

・まず、長めのヌンチャク等でセルフビレーをセットする。

・ビレーヤーにセルフビレーをセットしたことを知らせる(ビレー解除ではない、ゆるめるだけ)。

・終了点を作る二つ以上(太い生きた立木の場合は一つでも可)の支点(支点の強度によりその数は自分で決める)を使ってトップロープの支点を作る。

・トップロープのかかる所はゲートを反対に向けたカラビナを2枚使用すること。安全環つきカラビナであっても2枚使用する(安全環が回ってはずれた例がある)こと。

・終了点のボルトとか鎖とかに向きを変えた二つのヌンチャクをかけてトップロープの支点を作ることが多い。二つのヌンチャクにそれぞれ均等にトップロープの加重がかかるようにすること(ヌンチャクをかける鎖の穴の位置を工夫するとかスリングを使って長さ調節するなど)。


・終了点のボルトの穴に残置のロープが通っている場合は、ボルトの穴のロープの下にカラビナをかけるかスリングをかけて 支点工作をする(ロープの上にカラビナをかけてそれに加重をかければ、ボルトの穴とカラビナに挟まれてロープが傷む)。

@フリークライミング協会の設置した終了点の場合は長いスリングで流動分散をかけて支点を作って良い(支点を守ることにつながる)。流動分散は一方の支点が壊れた時にハンマーで打ったような衝撃がもう一方の支点を直撃するので一般的ではない。

@「ゆるめて」とビレーヤーに言い、自分で作ったトップロープの支点のカラビナ2個(自分のカラビナ)にロープをかける。

@「テンション」とビレーヤーに言ってロープを張ってもらう。

@ロープに体重を移して安全を確認したらセルフビレーをはずす。

@「降ろして」とビレーヤーに指示してロワーダウンする。

@次の人が順番待ちをしている場合にトップロープを残させてもらう場合はロワーダウンしながらヌンチャクを全部回収する。岩場が貸し切り状態で次の順番待ちの別パーティがいない場合はヌンチャクを回収しないでそのままロワーダウンする。ヌンチャクを回収しないで次の人がトップロープクライミングすれば、たくさんのランニングビレー(ヌンチャク)にロープが通っているので安全度を大きく高めることが出来る(ロープを引き抜けばリードクライミングも出来る)。

@トップロープを使ってクライミングを楽しんだら、最後の人はトップロープを残さないでロワーダウンで降りる方法を使って降りる(トップロープセットに使ったヌンチャクやスリングは回収する)。

@レンチ13mm,17mm,19mmを持って行き、ボルトのネジを締めながらなロワーダウンしたいものだ(寒暖の差でネジはいずれ緩んでくる)。

懸垂下降について

@懸垂下降のための準備から下降に至るまで、セルフビレーをセットして準備者の安全確保に万全を期して下さい。

@下降器には、エイト環、ATC、HMSカラビナなどがあります。下降器としてはエイト環がベターです。足場が悪くシビアな場面での懸垂用のロープセットはエイト環が手堅いですし、一番先に降りる人はロープのひっかかりをなおしながら降りことが多いのですが、いつも制動が効いているエイト環がロープ操作の際に安心感があるからです。筆者(松浦)は沢登りではエイト環を、岩登りではATCを使っています。HMSカラビナをいつもハーネスにつけているので、軽量化ということでエイド環かATCのどちらか一つ持てば良いと考えるからです。

@HMSカラビナを使った、ハーフマスト結びによる懸垂下降はエイト環などの下降器(ビレー器)が無い場合に有効なので練習しておくと良いです。ハーフマスト結びによる方法の場合には30メートルといった長い距離を懸垂すると激しくキンク(ロープがくるくる捩れてしまうこと)してしまいます。ロープが回転しないように握りしめて懸垂下降器を通すことでキンクを押さえながら降りることが出来ます。ちなみにエイト環やATCによる懸垂の場合でも少なからずキンクしてしまうので、下降器の種類にかかわらずキンクを押さえながら降りる方がベターです。

@懸垂用の支点は、腕より太い生きた樹木、二抱え以上もある大きな岩、何本も何本も束ねた篠竹や灌木、同じリスに打たれていない3本以上のハーケンの連結、などなど、極めて万全を期してください。ロープの回収に不安がある場合は迷わずスリングやカラビナを残置しましょう(ロープの回収時を思い切りイメージすること)。

@懸垂下降で一番先に降りた人は「ロープを動かして、ロープが引き抜けるか確認する」、「懸垂下降で降り立った地点から先に進めるか偵察する」、「ロープの末端が結ばれていたら解く」の3つの確認動作を行ってから二番手に懸垂下降してもらう。
*「ロープが引き抜けない場合は上に残った人が懸垂のロープを張りなおす(支点を上に上げる,捨てカラビナを互い違いに2枚施す,等)」、「先に進めない場合は懸垂の一番手は上に登り返して、別ルートを探す」、「一本づつ別々にロープの末端を結んでいた場合、結びを解かずにロープの回収を始めると回収不能の事態に陥る」。

@全員が下りてしまっていて、ロープが回収出来ない場合

@ロープの末端が2本とも手元にある場合は、2本のロープにフリクションヒッチを施して登り返す。

Aロープの末端が1本しかない場合は手元に来ているロープを使って登り返す。上からのロープにフリクションヒッチを施してバックアップとする(上からのロープは手がかりにしたり自己脱出を施しても良いが信用しないこと)。

Bオーバーハングなどで単独登攀による登り返しが出来ない場合は手元側のロープのみ回収して、残りロープは残置して先に進む。そういう事態が予想される場合は「4名で4本のロープで行動する」か、「超軽量(例ケブラー5mm50m)の補助ロープを初めから携行する」、「近くの隊に声をかけ一緒に行動する」で対応する。



○捨て縄を連結して「輪」を作ります。
○ハーケンの場合は3ヶ以上連結して下さい。

×中央のような短いハーケンは効いていても抜けた例があります。
×残置の捨て縄はロープを引き抜く時の摩擦熱で傷んでいますからので新しい捨て縄を追加して下さい。
×なるべく支点に負担をかけないように静かに降りて下さい(飛び跳ねはNG)静荷重でも体重の二倍はハーケンに荷重されています。


×この写真のようにロープをかけるのは危険です。左のハーケンが一つ抜けただけで懸垂用のロープは支点からはずれ落ちます。
×流動分散や固定分散にしても危険です。ロープの回収時に摩擦が大きくなり、ロ―プが動かなくなってしまう可能性が高まるからです(流動分散や固定分散にして中間点に反対方向にゲートを向けたカラビナを2枚残置しそのカラビナにロープを通すのならば可)。

○バリエーションルートに行く場合は行った所から戻れる状態であるべきです。なのでクライミングロープ2本と捨て縄(径6mm,長さ10m程)、捨て縄を適当な長さに切るためのロープ、残置するための捨てカラビナ(2個反対向きか、安全環付1個か、テープでゲートが開かないように止めるか)をいつも携行して下さい。
○上の写真はカラビナを残置しない場合ですが、ロープの回収のことを考えるとカラビナを残置して懸垂ロープを張る方が無難です。


@以下のような懸垂下降の方法があります。

◆ロープを投げる方法
@ロープは巻いてループにせずに2本まとめて折り返して束ねます。手前の三分の一を地面に中間の三分の一を左手に、末端の三分の一を右手に持ち、左手、次に右手の順で投げます(左利きの人は反対の手になります)。ロープの末端はスッポヌケ防止のために結ぶのが基本です。

Aロープの末端を結ぶ時は2本束ねて結びます。潅木にひっかかるなどのトラブルを防ぐため、2本を束ねて結ばずに、1本ずつそれぞれにノットを作る方法がありますが、誤って末端の結びを解かずにロープの回収を始めてしまうと、ロープが回収出来なくなります。
<参考>懸垂下降で一番先に降りた人は「ロープを動かして、ロープが引き抜けるか確認する」、「懸垂下降で降り立った地点から先に進めるか偵察する」、「ロープの末端が結ばれていたら解く」の3つの確認動作を行ってから二番手に懸垂下降してもらうこと。

B下を確認し、「ロープダウン」と大声で叫んで、ロープを投げます。

Cロープが途中でひっかかるのを防ぐために、ロー
プの末端を結ばないで投げる場合があります。トップは末端が結ばれていないことを何度も自分に言い聞かせながら、つねに、ロープを末端に注意しながら懸垂下降すること。


◆ロープを袋に入れて、懸垂下降者が持って降りる方法
@投げたロープは途中の岩角や潅木に引っかかることの方があたりまえです。投げずにロープ袋に末端の側から少しづつ押し込むように入れて行って(ロープをロープ袋に)しまいます。そのロープ袋を腰のあたりに吊して、そこからロープを引き出しながら懸垂下降する方法がベターです。ロープを投げないので引っかかることはありません。ロープの長さを超えた距離の下降になることがあるので、ロープの末端にエイトノットなどで大きな瘤を作ってから袋にしまって下さい(ロープの末端は2本束ねて結ぶこと←上の項のAを参照のこと)。

Aロープを袋にしまうやり方だと藪の中でも降りて行くことが出来ますが、藪の中の懸垂下降の場合は距離を20メートル程度に留めてください。藪との摩擦でロープが回収出来なくなるからです。


B細いダブルロープでなくて、シングルロープ2本をつないで懸垂下降する場合、ロープ2本はロープ袋に入りきらないのでロープ袋を2つ用意して下さい。2つの袋にロープを1本ずつ入れ腰の左右に吊るして懸垂下降します。ロープの末端にノットを作ってからロープを袋に入れて行くとすっぽ抜けが防止出来ますが、このノットを解いてからロープを回収することをくれぐれも忘れないようにしましょう(袋に入れる時にメンバー全員で確認すること)。
ロープの入った袋を腰の左右に吊るしているのでズボンの腰のあたりロープを添わせて制動をプラスすることが出来ません。出来るだけ手袋をして懸垂下降を開始して下さい(手袋がない場合は相当にゆっくり降りて下さい)。


◆ロープをループにして首にかけ、数メートルずつ繰り出しながら懸垂下降する方法
@片手で懸垂のロープを抑え、片手で首のループからロープを繰り出すのです。上記の方法に比べ、袋に入れる手間が省略出来て便利ですが、首つりになってしまうリスクがあります。

A投げたらひっかりそうな所で、とにかく早く下降してしまわななければならない時に有効な方法です。



◆2本のロープの1本ずつを振り分けて右と左の腰に短いスリングで吊るし、左右から少しずつロープを繰り出しながら懸垂下降する方法
@上記の方法に比べ、首つりになってしまうリスクは軽減されます。

A末端を結び
(←3つ上の段落にあるロープを投げる方法の項のAを参照のこと)、ロープを振り分け、60cmスリングを2重にした30cmスリングで振り分けたロープ束の中央を吊って、ハーネスのギアラックにカラビナで吊るします。その作業を右のロープと左のロープ1本ずつ行います(クライマーの左右の大腿のあたりにロープが吊られる)。

B
ロープがクライマーの腹側から引き出されるようにセットします(背中側から引き出されてはいけない)。失敗すると長くロープが出すぎて垂れ下がってしまう可能性があります(潅木が多ければ引っかかる)。

C右と左からロープが出て来るので、ビレー器の真下、体の中心線の所にロープを持つ手(制動手)が来ることになります(両手を上下に接近させてロープを握る)。

Dズボンの腰のあたりロープを添わせて制動をプラスすることが出来ないので、出来るだけ手袋をして懸垂下降を開始して下さい(手袋がない場合は相当にゆっくり降りて下さい)。

E失敗すると長くロープが出すぎて垂れ下がってしまう可能性があります(潅木が多ければ引っかかる)。


◆懸垂下降する人を別のロープで上から確保してしまう方法
@懸垂用のロープ以外に別のロープがあり、2人以上の人がいれば、そのロープで懸垂者を上から確保することで、下り始め10mくらいまでは、ベストの安全性を保つことが出来ます。

A上からの確保者から下の懸垂下降者が見えないと、10mも下降するとロープを重さで懸垂下降者の動きがわからなくなり「確保のロープをゆるめ過ぎてしまう」という欠点があります。

B別のロープがない場合は懸垂用のロープをまず回収出来るように支点にセットしてから、支点の所で動かないように固定してしまいます。下に垂れる二本うちの一本で懸垂し、残りの一本を確保用のロープにします。1本懸垂では確保器の制動力が不足することを知っていなければなりません。確保器の制動力不足補うために行って返って方式、エイト環2回がけ、ハーフマスト2回ひねり、制動側のロープを腰に回す、使いこんだ太いシングルロープを使用する、などの方法を使って下さい。トップが下に降りたら確保に使った側のロープを引き揚げて、2番目以後の人の確保に再び使用します。ラストの人が懸垂する前に、ロープの固定を解除して下から引き抜けるようにセットしなおします(ロープの回収が出来るかを先に降りた人に確かめさせること)。Bの用法はトップが下に降りたと同時にロープが引き抜けるかを確認出来ないという欠点があります。


◆ロープをセカンドが繰り出す方法
@太い立木などに懸垂のロープをセットします。その際、末端からたぐって真ん中が来るようにしますから、足元には末端が下で懸垂をスタートするロープが上になるように、ロープが置かれています。なので、その状態を利用します。

Aトップは懸垂下降をセットします。ロープを投げる方法・ロープを袋入れて持って懸垂する方法・ロープを首にかけて持って降りる方法などと比較して、相当に早く懸垂下降を開始できます。なので、悪天候や日暮れが近づいて時間がないときに有効です。

Bセカンドはトップの懸垂下降器を通った後のロープを2本まとめて持ち、トップの下降に伴って、そのロープを繰り出します。何かあったら繰り出すロープを強く持てばトップの懸垂を停止させることができます。50mのロープだったら、12.5mまでセカンドはトップの懸垂のバックアップをしながらロープを繰り出すことが出来ます。

C12.5m懸垂した所でセカンドはロープダウンしなければなりません。なので、12.5m以下の距離の下降に向いています。やむおえずロープダウンする場合は、そのロープがトップより上の位置にひっかかるとやっかいなので、ロープの末端は結びません。

D12.5m以上懸垂する場合はロープダウンがあるので、トップは上から落ちてくるロープに十分注意しなくてはなりません
(ロープといっしょに石も落ちるので要注意)。また、ロープの末端が結んでないので、トップはロープのスッポ抜けに充分に注意しながら懸垂下降を続けます。


◆カウンターラッペル
@懸垂の支点は金属の輪でなければなりません(ゲートを反対向きにした2枚のカラビナ、そのカラビナは残置します)。

A残置スリングを懸垂の支点にしてはなりません。懸垂下降の途中で熱により溶融して、スリングが切れてしまうからです。

Bトップロープのクライミングが終わりロワーダウンで降りる時に似ています(ビレーは懸垂者自身が行います)。

Cロープは投げずに上に残し、懸垂者が引きながら、降りて行きます。

Dロープが岩角にあたり擦れる部分が多くなりますから
(摺れが原因で石が落ちるので注意)、長い距離(5メートル程度以上)の懸垂には向かないです。短い距離ならば、最も早く懸垂下降が開始出来て、おまけに、セカンドのためのロープも張れてしまう方法です。

E50メートルロープを使い、16.6m(50m÷3)以下の距離を下るカウンターラッペルならば、上から3本のロープが垂れる状態で懸垂を終了出来ます。懸垂者の下降器にセットされていたロープを負傷者のハーネスの安全環付カラビナにかければ、3分の1のつりあげシステムを作ることが出来ます。手の使える負傷者なら負傷者が上からのロープをたぐることが出来るので非常に素早く吊り上げることが出来ます。


Fカウンターラッペルは縦走路から数メートル下に落ちた負傷者の所まで素早く懸垂下降し、状況を確認し、負傷者を縦走路まで吊り上げるのに非常に有効な方法です。

Gただし、石を落とす可能性が大なので、負傷者の真上からでなく少し離れた所から降りることを忘れないで下さい。


@先に下りた人が懸垂用のロープを下で持っていて、次に降りてくる人が墜落しかけたとたんにそのロープを引いて墜落を止める方法があります。ロープの下を持つ人は上からの落石には充分な注意が必要ですが、ぜひ使うべき方法だと言えます。

@懸垂用のロープにロープスリングでブルージック結び(摩擦に強いフリクションヒッチ)を施し、それをハーネスと結んで、下降者が自分自身を確保しながら降りる方法があります。操作性にやや劣って時間がかかるので、一番初めに降りる人のみその方法を使い2番目からは上記のロープの下を持つ方法を使うようにすると良いです。

@上記の「
懸垂用のロープにブルージック結びを施してそれをハーネスと結んで、下降者が自分自身を確保しながら降りる方法」を使った場合、下降中にブルージック結びが締まってしまい、その解除に手間取ってしまうことがよく起こります。短時間のうちに懸垂下降で脱出しなければならない状況ではブルージック結びをしない方がより安全になる場合もあるでしょう。ブルージック結び以外のオートブロック結び(マッシャーやバッチマンなど)を使ったり、結びを施す位置を懸垂下降器の上にしたり下にしたり、様々に工夫されています。

ペツル社のシャントというアッセンダ―(ロープ登り器)を懸垂下降器の下にセットする方法は優れています(セットの方法や使用法はシャントの取扱い説明書を見て下さい)。でも、やや重いので(軽量化のため)登攀時に常時携行する人は少ないです。シャントには懸垂下降用の二本のロープ(赤ロープと青ロープ)の径が異なると使えないという欠点があると知っていなければなりません。


*2012年現在推奨されている方法
ハーネスのビレーループと安全環付カラビナを30cmスリング(60cmスリングの二つ折り)でつなぎその安全環つきカラビナに懸垂下降器と懸垂用ロープをセットします。下降器のすぐ下の懸垂用ロープに60cmスリングでオートブロックヒッチ(バッチマンその1が良い)を施して、それをカラビナでビレーループと連結します。懸垂の制動手が右手とすれば、左手でそのオートブロックヒッチがロックしないように調節しながら懸垂下降をします。トラブルが起きた場合は左手を解放します。オートブロックヒッチがロックして懸垂下降が停止します。操作性は今一歩で、上記のシャントに及びません。しかし手持ちのスリングでセット出来るので軽量なのと。「径の異なる2本のロープによる懸垂」でもOKという点で優れています(径の異なる2本のロープにシャントは使えない)。

@懸垂者の落とす石が懸垂用のロープに当たることがよくあります。大きな石の場合はロープが激しく痛んでしまうので注意が必要です。
、、、、、、、
二本のロープを繋ぐ場合は二本のロープを末端を揃えて、普通のノット(フェーラー結び)を施して束ね結び、さらにもう一回普通のノットを施して束ね結ぶ(連続二回ノットで束ね結ぶ,二つのノットは密着させる=離なさない)繋ぎ方を基本としたいと思います。結び目は末端から1メートルぐらいの所に作って下さい(一般の結びではロープの直径の十倍以上は末端を残せと言われていますが,この場合は百倍になります)。結び目にはそれを開く方向の荷重(いわゆるリング荷重)がかかりますが、ロープの回収の際に結び目に障害物を乗り越える能力が得られます。その能力を採用するということです。二つのノットを密着させることで、結びが固くなりすぎずに容易に解くことが出来ます。二つのノットということでで安心感も高まります。

@上記の二本のロープを末端を揃えて、普通のノット(フェーラー結び)を施して束ね結ぶ方法で、連続二回ノットで結ばず、一回のノットだけにすると(結び目は末端から1メートル弱ぐらいの所に作る)、結び目が障害物を乗り越える能力は最大になります。細めのダブルロープを使用した緩斜面の懸垂下降ならば、結び目はエイト環(輪の大きいクラシックタイプのエイト環)を通過します(ロープの末端の方を結び目より先行してエイト環の輪に通すこと)。メリットが大きいのでTimtam&笈は一回のノットで繋ぐ方を採用しています。

@末端を1メートルぐらい残してエイトノット(連結部分はエイトノットの形が8の字というよりはくの字になるまで強く引き締めて下さい)で束ねる方法がありますが、間違えて末端を短くしすぎるとすっぽ抜ける可能性があります(1999年2月に松浦が実験)。

@安心感があるということで、ダブルフィッシャーマン結びプラス止め結びとか、普通に結んでその右と左にダブルフィッシャーマン結びを施すなど他の結び方を使う人もいます(全て結びは密着させること)。ダブルフィッシャ−マン系の結びは障害物を乗り越える能力に劣ります。自己責任で決めることなので、懸垂下降のロープをセットした人が一番最初にそれを使って下降するべきです。また、下に降りたらロープが回収出来るかを確かめることを忘れてはなりません。

@結び目のあるのは下側(壁側)のロープ(青ロープとします)になるようにセットします。上側だと下側の引かれるロープが上側の引くロープと壁の間に挟まる可能性があるからです。一番目の人はメンバー全員に青ロープを引くと言って確認してから下降を開始するようにしましょう。

*登山教室Timtam&笈および青山一丁目山岳会では青ロープ(色の濃い方のロープ)を引くようにいつも懸垂のロープをセットすると申し合わせています。それでも毎回、全員に青ロープを引くと確認するようにしています。

@再掲:懸垂のロープをセットした人が一番先に降りること。懸垂下降で一番先に降りた人は「ロープを動かして、ロープが引き抜けるか確認する」、「懸垂下降で降り立った地点から先に進めるか偵察する」、「ロープの末端が結ばれていたら解く」の3つの確認動作を行ってから二番手に懸垂下降してもらう。

*「ロープが引き抜けない場合は上に残った人が懸垂のロープを張りなおす」、「先に進めない場合は懸垂の一番手は上に登り返して、別ルートを探す」、「一本づつ別々にロープの末端を結んでいた場合、結びを解かずにロープの回収を始めると回収不能の事態に陥る」。

@一番最後に下りる人は、二本のロープの間にスリングでハーネスと連結したカラビナを入れて、二本のロープをきちんと二つに割って下りて来るとロープの回収が楽になります。

@ちなみに懸垂下降が「楽しい」などと言う人がいますが、潜在する多くの危険(ロープを投げる時の失敗、ロープが回収出来ない、落石に当たる、落石でロープが切れる“ルンゼ内やガラ場での懸垂は要注意”、ロープの長さが足りなくなる、懸垂で降りてもその先に行けない、懸垂の支点が壊れる・・・)を知ってほしいと思います。

@懸垂者によるエイト環結び目通過
@二本のロープを末端を揃えて、普通のノット(フェーラー結び)を施して束ね結ぶ(結び目は末端から1mぐらいの所に作る)、結び目が障害物を乗り越える能力は最大になる。

A細めのダブルロープを使用した結び目ならば、エイト環(輪の大きいクラシックタイプのエイト環)を通過させることが出来る。

B通過しにくい場合は1メートルくらあるロープの末端(2本)を結び目より先行してエイト環の輪に通し、結び目通過のタイミングの合わせてその末端を引くと良い。

C太いロープの場合はエイト環にかかるロープのテンションをマリーナヒッチに逃して結び目を通過させ、通過後にマリーナヒッチを解除してテンションをエイト環に戻す方法で対応する
ハーフマスト懸垂やATC懸垂の場合もマリーナヒッチによる方法が良いでしょう。ハーフマスト懸垂には別の結び目通過の方法もあります(こちら)。


2本束ねて普通のノットで結ぶ(末端は1m程度)いわゆるリング荷重になるが結び目は障害物を越えて進む。


一つ結び目が通過してから次の結び目が来るように二つの目結び目は離しておく(写っていないが写真の下に二つ目の結び目がある。


@せまいテラスでピッチを切りながら懸垂下降を複数回くりかえす場合
@例えば城山のバトルランナールートを登り、エキスカーションルートの終了点あたりにある懸垂ポイントから下る場合。三日月ハングの下でピッチを切ることになる。

A途中のテラスの支点がペツルのハンガーボルト2本の連結であっても、捨て縄で他の支点と連結してバックアップをする慎重さが必要である。

B懸垂のロープを回収する時にロープを下に落下させてしまわないように、末端をクローブヒッチでハーネスや支点に連結するなど、状況に合わせて様々に工夫をしてからロープを引き抜く(回収する)ようにすること。

Cロープは途中のテラスより下に落とさない方がベターですが、そうも言っていられない場合も多いです。下にある樹木の頭にロープがからまったりしないように工夫しながらロープを引き抜く(回収する)こと。



固定分散{確保支点(ビレーポイント)設営}
*登山教室Timtamと登山教室笈では確保支点は固定分散で作り、 流動分散 は使わない方向を提案しています。
最近、ペツルのハンガーボルトやケミカルボルトといった、電気ドリルを用いて設置された強力なアンカーでビレーポイントが作られている状態をよく見かけます。しかしながら、いかに強度があるボルトでもそれ一つをビレーポイントやセルフビレー用の支点にすることは危険です。寒暖差や結氷などによりボルトが緩んでいる可能性があるからです。最低でも2つのボルトを連結するようにして下さい。2つあればOKではないです。3つあれば3つ連結、ハーケンや岩角や灌木があればそれも連結するようにして下さい。

1、スリングで固定分散を作る方法 
つるべ方式だけでなく登って来たセカンドがトップにならずに再びセカンドとなる(つるべ方式でない)場合に有効です。登山教室Timtamは確保支点設営にはこの方法を最大限優先しようと提案します。

@写真の安全環付カラビナ(黄色)のかかる場所は「リーダーがセルフビレーをセットする支点」「支点ビレーをセットする支点」、「登って来たセカンドのための支点」となります。
*左側の3ヶのカラビナはどれも支点ビレーの支点にしてはなりません(この誤りをよく見かけます)。
*セカンドがセルフビレーをセットする時、カラビナとカラビナをチェーンのように連結しないで下さい。安全環付カラビナどうしであっても不可です。カラビナは3つのスリング全てに連結して下さい。

A支点と安全環付カラビナの距離が均等でないので、各スリングの長さを調節して弛みがないようにします。

B上の120cmスリングはエイトノットを施して短く、中央の60cmスリングはカラビナに巻いて短くしています。スリングを短くする方法は他にもあります(捩じる、二重にする等)。
*スリングを長くしたい場合は別のスリングをタイオフ(カウヒッチ)して繋ぎます。


2、メインロープで固定分散を作る方法
登って来たセカンドがそのままトップになって登る(つるべ方式の)場合に有効です。

@ビレーポイントについたら、下のハーケンから順にクローブヒッチで支点を連結します。

Aハーケンが水平に並んでいる場合はヌンチャクを使ってV字(60度以下が望ましい)を作ります。

B写真では3箇所の連結ですが、4箇所も5箇所も連結して安全確実にして下さい(3箇所目から先は固定分散でなくてバックアップということです。

C一番確実なヌンチャクのベントゲートのカラビナ付近で支点ビレー用の支点を作ります。



@3か所目の支点とハーネスをメインロープで結べば、ハーネスの所でもう一つのV字の固定分散を作ることが出来ます(さらに、4ヶ目の支点と結べば3つ目のV字)。

A3ヶ以上のハーケンを連結しても不安な場合はテラスに座り、腰がらみビレーに切り替えて下さい。支点が不安で腰がらみビレーもやりにくい場所なら、安全なビレーポイントまでさらに登って下さい。


3、支点ビレー用の支点の作り方

@支点ビレー用の支点とビレーヤーとの距離は長い方が良いので、60cmスリングを二重or三重にして短いスリングを作ります。
A右の写真のようにバックアップの効いた強い支点のカラビナとロープの両方にかかるように短いスリングをタイオフします。
B環付カラビナでビレー器をセットします。
C支点ビレーよりも、セカンドの方(下)を向いてボデイビレーをした方が良い場合も多いので使いわけて下さい。

4、岩に打たれたボルトとハーケンの信頼性(1と2の方法に共通)
ハンガーボルト(電動ドリルで穴を開け、レンチで締め付けるタイプ)はもろい岩が相手でなければ、2本あれば大丈夫だと思いますが、それでもバックアップがほしいです。リングボルトやRCCボルト(ジャンピングつまりタガネをハンマーでたたいて穴を開けボルトを叩き込むタイプ)は1〜2本では信用しない、3〜4本でも不安です。残置ハーケンの場合は効いているかどうか経験でわかるものですが不安な場合はピンチェック(ハンマーで叩いてハーケン打ち込み後半のキンキン音が出れば効いている)をしてから使ってほしいです。ハーケンはリングボルトよりは効いているかどうかが見た感じに一致しますが、それでも、1〜2本では信用しないようにして下さい。


5、その場にある自然物で支点を作る
大岩、岩の突起、チョックストーン、大木、灌木の根元の連結、熊笹の根元を束る、など様々に工夫出来る。いずれにして確実かどうかよく確かめる(動く石、枯れ木、脆い岩、などは支点に出来ない)。

メインロープを大岩に巻き付けて作る支点合言葉、「熊より大きい岩」を使う。



メインロープを写真の水中にある岩角に引っ掛けて支点のボルトをバックアップ

ビレーポイント作り
トップがセカンドを確保する場合は支点しビレー(エイト環グリップビレー、自動ロックするビレー器具“例:ルベルソー”によるビレー、ハーフマスト結びによるビレー)を使うことが多いです。岩登りにおけるメンバー構成とダブルロープのシステムの項を合わせてごらん下さい。

最近、ペツルのハンガーボルトやケミカルボルトといった、電気ドリルを用いて設置された強力なアンカーでビレーポイントが作られている状態をよく見かけます。しかしながら、いかに強度があるボルトでもそれ一つをビレーポイントやセルフビレー用の支点にすることは危険です。寒暖差や結氷などによりボルトが緩んでいる可能性があるからです。最低でも2つのボルトを連結するようにして下さい。2つあればOKではないです。3つあれば3つ連結、ハーケンや岩角や灌木があればそれも連結するようにして下さい。


岩が脆い、リングボルト一つしか支点がないなどの理由で確実なビレーポイントが作れない場合

@トップはセカンドに正対して座り、腰がらみでビレーを行うこと(腰がらみ出来るほどに安定した座る場所が見つからない場合は見つかるまで登り続けること←ロープの長さだ分‘50m’離れてのコンテニアスクライミングで登ることになっても良い)


@支点折り返しビレーを脆弱な支点に使うことには問題があります。セカンドの墜落によってかかる力とそれを止めようとするビレーヤーの力が合わさってかかる(プーリー効果)が発生するからです。
*支点折り返しビレー=支点ビレーの支点にカラビナをかけ、そこに下からのロープをかけて、引かれる方向を上向きに変えてATCでボデイビレーする。

*別件ですが参考までに=ダブルロープで登っている時にセカンドを支点折り返しビレーする場合、二本のロープを同じカラビナ(折り返しの支点になるカラビナ)にかけることにが多くなります。セカンドンドがビレーポイントを過ぎてトップとなり(つるべ方式で)さらなる上に登り出す前にロープ一本を折り返し支点になるカラビナからはずすようにして下さい。もし、ロープ一本をはずさなかったとします。トップが墜落すると折り返しの支点のカラビナに通った二本のロープの内の一本だけに衝撃がかかり短く高速でスライドします。そのスライドによって発生する摩擦熱でロープが溶融してしまうことになります。


トップとセカンドがピッチごとに入れ替わらない場合の方式(万年セカンドのための方式)
@トップはビレーポイントに着いたら、ビレーポイントをトップとセカンド(以下:万年セカンド)が共通に使用するために固定分散方式で作ります。30行ほど下に書かれたクローブヒッチ連結方式では、万年セカンドのために残しておけるビレーポイントが作れないからです。

@まず、二つ以上なるべく多くのハーケン等を見つけて、それぞれにカラビナをかけます。それぞれのカラビナにスリングをかけそのスリングの反対側をまとめて安全環つきのカラビナをかけます。複数のハーケンから出るスリングをまとめる扇のかなめの位置に安全環つきのカラビナをかけるのです。複数のハーケンが水平に並んでいない場合はどれか一つのスリングに加重されてしまうので、他のスリングの長さを調節してそれぞれのスリングに加重が均等に分散されるようにします。スリングの長さの調節は@スリングをねじる、Aカラビナに複数回巻く、Bスリングの途中でエイトノットを作るなどの方法があります(工夫して下さい)。このやり方は固定分散方式と呼ばれています。流動分散方式は一つのハーケンが抜けると次のハーケンに衝撃荷重がかかるので使わないで下さい。

@固定分散方式が出来上がったら、扇のかなめ位置の安全環つきカラビナにメインロープをクローブヒッチで連結してセルフビレーをセットします。
@メインロープを使ってセルフビレーをセットして下さい。不意の墜落による衝撃荷重を緩和するためです。支点とハーネスをスリングやデージーチェーンで結ぶだけのセルフビレーのセットは、それに必然性がある場合(セカンドからトップに入れ替わる場合、懸垂下降をセットする場合など)を除いて使わないで下さい。・・・★

@扇のかなめ位置の安全環つきカラビナの隣にカラビナをもう一つ追加すれば、支点ビレー用の支点となります。

@次に、セカンドをビレーポイントまで引き上げます。万年セカンドがビレーポイントに到着したら支点ビレーの支点を作っている場所にカラビナをかけて(カラビナにカラビナをかけるのでなくスリングにカラビナをかけるようにすること)メインロープで(上の★の記述を参照のこと)セルフビレーをセットしてもらい万年セカンドへのビレーを解除します。

@上の時点では万年セカンド側のロープが上でトップ側のロープが下になっているので、ロープをたぐりロープの上下の入れ替えをします(50メートル全てたぐり入れ替えます)。

@トップは万年セカンドからスリングやカラビナなどの登攀用具を複数回に分けて受け取り(一度に行って全てを落とすことを防ぐ)、万年セカンドにボデービレーをしてもらって、登攀を開始します。その際、ビレーポイントを設営するのに使ったスリングやカラビナはそのままの形で万年セカンドのために残します。

<参考>ダブルロープを引いた場合で、ロープの長さが二本ともまったく同じで、ビレーポイントのセルフビレーが左ロープでセットされたとします。トップはロープアップの際に、右ロープをセルフビレーの長さ(1メートル弱)だけアップして、それから、右ロープと左ロープ二本を束ねて同時にアップするようにします。そうすると、セカンドが登る時に片側だけのロープアップをしなくてすませられる可能性が高いです。
*ロープの長さが異なる場合は、セカンドが長い方のロープの末端でなくて左右じ長さの所でロープにつながっているのが良いです(短い方のロープは末端につながる)。


トップとセカンドが
ピッチごとに入れ替わる場合の方式(つるべ方式)


2014年の現在、登山教室Timtamと登山教室笈では30行ほど上に記された「トップとセカンドがピッチごとに入変わらない方式(万年セカンドのための式)」をロープワーク講習で採用し、クローブヒッチ連結方式は必要に応じて伝えることにしています。万年セカンドのための方式は汎用性が高く(トップとセカンドがピッチごとに入れ替わる場合にも使える)、構造が単純なので初心者にも理解しやすいからです。

@トップはビレーポイントに着いたら、ビレーポイントをクローブヒッチ連結方式で作ります。しかし、クローブヒッチ連結方式でビレーポイントを作る方が固定分散方式より短時間で出来て、使用するスリングが少なく、手元の作業スペースを広くすることが出来て、付近の支点を全て連結することが出来るので安全度を高く出来ます。トップとセカンドが入れ替わらない万年セカンドの場合に使えない(使いにくい)という欠点があります。

@まず、二つ以上なるべく多くのハーケン等を見つけて、一つ目にはヌンチャクを、二つ目からはカラビナをかけます(カラビナは一回転してゲートを岩側でない方に向ける)。メインロープを一つ目ヌンチャク→二つ目カラビナ→三つ目カラビナ・・・の順にインクノット(クラブヒッチ)で弛みなく連結してセルフビレーをセットします。「一つ目ヌンチャクのスリング」と「一つめヌンチャクの下のカラビナと二つ目カラビナを連結するメインロープ」で作る角度が60度以下になっているのが理想です(分散加重される)。

@次に支点ビレーのシステムを作ることになります。セカンドが落ちる衝撃は弱いはずですが、それでも支点ビレーの支点が飛んでしまうことがあります。

@メインロープで複数の支点にカラビナをかけ、それををインクノットで連結してセルフビレーをセットしています(上記)。そのカラビナの内の一つでそのカラビナをかけた支点が壊れても他の支点からのバックアップが充分に効いているカラビナ(Aカラビナとします)を選びそこに支点ビレー用のカラビナ(Bカラビナとします)をかけます。

@AカラビナにBカラビナをかけるのでなくて20cmほどの短いスリング(Cスリング:60cmの一般的長さのスリングを二〜三重の輪にして“現場で”作る)をAカラビナにかけ(CスリングはAカラビナだけでなくてメインロープにもかけて万全を期すこと)て、そのCスリングにBカラビナをかけます。

@Aカラビナをかけた支点が飛んだ場合にバックアップとなる次の支点にかかる衝撃の方向まで考えてシステムを作るようにして下さい。バックアップの支点が飛んでもまださらにバックアップの支点があるぐらいの頑丈さがあっていいです。


トップがセカンドに対して行う支点ビレー

沢登りで多用するエイト環グリップビレー(支点ビレー)はATCによる支点折り返しビレー(ボディビレー)よりもセットが簡単で操作性に優れています。セカンドの確保の場合には積極的に使って下さい。エイト環は下降器ですが確保器としてもすぐれている点があるのです。荷(ワンビバーク出来る程度の重さ)を背負っての登るルートでのセカンドの確保であればベスト(2006年5月現在)の性能を持っていると思われます。

@エイト環はATCと同様にトップを確保することも出来ます。確保の手を一時的に放してしまうようなトラブル(例、トップが落とした石にあたるなどして確保の手を一時的に放してしまう)あっても、エイト環の中を制動がかった状態でロープが流れているので再度それを握りしめることが可能です。ただし、ATCよりもロープを繰り出すスピードが遅くなります。

@ダブルロープでトップを確保する場合にはATCを使うようにして下さい。もし、エイト環に二本ロープをかけたままトップをビレーしたとします。トップが墜落するとエイト環に通った二本ロープの内の一本だけに衝撃がかかり短く高速でスライドします。そのスライドによって発生する摩擦熱でロープが溶融してしまう可能性があります。

@ダブルロープでセカンドを確保する場合は墜落しても静加重がかかるだけなのでエイト環に二本のロープをかけて支点ビレーしてOKです。しかし、エイト環に二本のロープをかければ操作性がかなりおちてしまいます。それで、一方のロープはマニュアル通りにエイト環にかけ、もう一方のロープはエイト環の大きな穴に通したらそのままカラビナ(エイト環の小さな穴にかかっているビレー用のカラビナ)にかけてしまうと(エイト環のくびれの部分にはかけない)ロープの操作性を向上させることが出来ます。


自動ロックするビレー器具による支点ビレー
@ルベルソー
という自動ロックするビレー器でセカンドの支点ビレーをすることが2000年ごろから流行しています。20014年の現在、ルベルソーキューブやATCガイドといった自動ロック解除のための小さなホールがついた形に改良されて普及しています。2本のロープを独立してビレー出来るし、ビレーの手を離すことも出来るので大変便利です。エイト環やハーフマストのビレーよりロープがキンクしにくいのも良い点です。セカンドが落ちてロープがロックされた場合にそのロックの解除に手間取る欠点がありますから注意して下さい(特に、沢登りの場合にはセカンドをおぼれさせてしまう危険があります)。

@以下の『  』内はは古いルベルソーの解除方法について2004年に記載したものです。参考になると考え削除せずに残すことにしました。

『セカンドが落ちてロックされたロープを解除するためには、ルベルソーをセットした支点から真横か斜め上に50センチメートルほど(右横か左横かはルベルソーのバケツ型の底の向きで決まる)離れた所にもう一つ支点(解除用の支点)が必要です。その支点にカラビナをかけ、ハーネスのビレーループ付近に連結したデージーチェーンを通し、そのデージーチェーンを“ルベルソーにセットされたロープを折り返すために使われているHMTカラビナ”に連結します(デージーチェーンがピンと張ってほとんどタルミが出来なくなる位置にあるデージーチェーンの輪を選んでで連結)。体重をかけてデージーチェーンにテンションを与えるとHMTカラビナが解除用支点の方向に引かれてロックが解除されます。デージーチェーンでなくてスリングや短いロープでも解除は出来ますが、その長さの調節でさらに手間取ってしまいます。ちなみに、デージーチェーンの取り扱い説明書にはセルフビレーはメインロープでセットしデージーチェーンはバックアップとしてのみ使うことと記されています。』

@ルベルソーのような自動ロックするタイプのビレー器の改良が進んでいます。セカンドの墜落によるロックの解除のために器具を吊す輪と反対側に小さな輪がついた製品がブラックダイヤモンド社とペツル社とマムート社から出ています。使用法の研究とその習熟を経て使用して下さい。習熟していないと、ガクンガクンと落とすようなロックの解除になってしまう可能性が高いです。

@本ページのリードアンドフォローのロープワークの項にあるATCガイドの記述を参照した下さい。

@本ページ参考資料のルベルソキューブの記述を参照して下さい。



岩登りにおけるメンバー構成とダブルロープシステム ,

ダブルロープシステム
@マルチピッチの岩登りルート、大きな山の本番ルートはロープを二本使って登る(=ダブルロープシステム)。
@ダブルロープは軽い、登った分の距離を懸垂下降て撤退出来る、一本切れてもまだ一本残る、など、本番ルートに適した利点がある。
@また初心者等を支援するロープワークとしても利用出来る。⇒「トップは終了点についてAロープを固定し、Bロープでセカンドをビレーする。セカンドはAロープをホールドにして登ることが出来る(鎖場の鎖のようにAロープに頼って登れる)。」
@以下、その1その5でダブルロープシステムに関して記してみる。

その1、二人組でトップとセカンドが入れ替わりながら登る(つるべ方式)。
…トップは二ピッチ目でセカンドになり、セカンドは二ピッチ目でトップになるので二人の分担する役割は同じ(登る&確保)である。

…トップは二本のロープを引きセカンドはATCなど確保器の二つの穴を利用してその二本のロープを同時にビレーする。トップとセカンドは一方のロープ(左ロープとする、もう一方を右ロープとする)を立っている位置の左側でほどき、ハーネスのビレーループの左に結ぶ。右ロープは立っている位置の右側でほどき、ビレーループの右に結ぶ方法とエイトノットで輪を作って(止め結びを付加すること)ビレーループについた安全環つきのカラビナに簡易ガケする(ノーマルカラビナを安全環つきカラビナと逆方向にゲートを向けて追加しておくと万全)する方法がある。何ピッチもロープを操作すると左右のロープが交差することが起きるが簡易カゲならばロープをはずしての修正が容易である。

…セカンドは二本のロープを一本のロープの時と同様に繰り出して行く。トップが左ロープをクリップする場合に左ロープだけ出さずに右ロープも同時に出す。大きくたるみが出ないかぎり、左だけ、あるいは右だけ、ロープを繰り出したり繰り戻したりはしない。

…トップは登攀ルートの左に支点があれば左ロープをクリップし、右に支点があれば右ロープをクリップしながら登る。左右を交互にかける必要はない(ほとんど左ロープしかクリップしないなんてこともある)。

左ロープと右ロープが交差することがあってはならない下からのロープの流れを確かめてからクリップすると良い墜落した場合にロープの交差点を溶融劣化させてしまう。

…一つ目の支点と二つ目の支点が近距離にあってしかも左右に大きく離れている場合、及び、二つ目以後の支点の並び方が下からでは判断できない場合には一つ目の支点に短いヌンチャクと60cmスリングの二つ折りをセットして左右二本のロープをそれぞれにクリップする。トップが墜落した場合にビレーヤーが引き込まれる方向を統一しておくためである。一つ目の支点へのクリップは十分に考えて行わなければならない。

…大きなトラバースをする場合(左にトラバースするとする)、トップはトラバースの開始地点で右ロープをクリップして、そのクリップから20〜100センチ程度下に支点を作り左ロープをクリップする(上下2連のカラビナの上に右ロープを下に左ロープをクリップする)。左ロープをクリップしないと、セカンドが登る時に右ロープで上に、左ロープで左に引かれることになってしまう。トラバースはセカンドの方が恐い場合もあるのでトップはなるべく多く支点をとって進むようにする。

参考、ツインロープシステム
…ロープ2本をひとつのカラビナに掛けることがないのがダブルロープシステム、ロープ2本をひとつのカラビナに掛けながら登るのがツインロープシステムシステムである。ツインロープシステムでは10ヶ所の中間支点があれば10ヶ所全部でロープ2本をひとつのカラビナに掛けなければならない。

…フリークライミング・インストラクター委員会の指導教本では、「ルートが直線的でセカンドも1人の場合、ひとつのカラビナに2本通して良い」、「墜落時、カラビナ内の摩擦が強く、支点に強い負荷をかけるため、伸縮性の高いツインロープ( ∞ マーク)を使うのが正式」とある。ロープの摺れによる溶融より、支点破壊しない為の意味が強いと理解出来る。

…クリップがシビア(下からのロープの流れを確かめてからクリップするゆとりのない)なロングルートで、2本のロープによる懸垂下降撤退の可能性ありの時にツインロープシステムは有効であると考えられる。

…エベレスト厳冬期登山や北極点に行かれた「かげろう」師は積極的にツインロープシステムを使われる。巨大で厳寒の環境下ではツインロープシステムであるべきだったのだろうと推察出来る(ダブルロープシステムを作るゆとりはない)。


その2、二人組でトップとセカンが入れ替わらないで登る(万年セカンドのための方式)。
…トップは二ピッチ目でもトップになり、セカンドは二ピッチ目でもセカンドなる。

…トップ及びセカンドの動作は基本的にその1と同じである。異なる点は
@ビレーポイントを万年セカンドのための方式で作ること。

Aセカンドがビレーポイントに到着したら、セルフビレーをセットしてもらい、トップはセカンドのビレーを解除する。その後、セカンドに自分側のロープを端からセルフビレーに掛けるか足下に降ろして行くかしつつ、トップ側の末端までたぐってもらう(ロープの上下を入れ替える)。

Bトップはセカンドにビレーをしてもらい自分のセルフビレーを解除して次のピッチもトップで登ることを続ける。

その3、三人組で登る。
…トップが二本のロープを引きセカンドとサードにそれぞれ一本ずつビレーしてもらって登る(一方のロープがたるむことがないので、安全性と操作性がセカンド一人に二本のロープをビレーしてもらって登るより良くなる、一つ目の支点でのクリップに気を使う必要もない)。ロープの引き方等は基本的にはその1同じである。

…トップとセカンドの間でロープ一本、セカンドとサードの間でロープ一本を使用して一列につながって登る方法がある。セカンドのことを中間者(ミッテルマン)と呼ぶ人もいる。セカンドはロープが真上に一直線に伸びている時は支点にかけたカラビナ等を回収する。斜上したりトラバースしたりする場合はロープのかけかえ(トップ側のロープを支点にかけたカラビナから外して、サード側のロープをそのカラビナにかける)を行う。ロープのかけかえをしないで支点カラビナ等を回収してしまうと、サードが墜落した時に大きく振られることになって危険である。トップが登って、セカンドが登って、サードが登って、サードがそのままトップになって登ればロープの上下の入れ替えをしないですむので時間的に早い(3人つるべ方式)。

…ビレーポイントを作る場合万年セカンドのための方式にで作ること(その2と同じ)。

…やさしいルートならトップは二本のロープを同時にビレーして登らせると時間が短縮出来る。ロープを一本にして末端に二人つながり(髭を出してつながる)同時に登らせる方法もある。ロープを一本にして中間者をアッセンダーとかユマールとかブルージックで登らせる方法もある。


その4、二人組と二人組(三人組)の二組で登る。
…「二人組でロープ一本、もう一つの二人組(三人組)でロープ一本」を使えば二本のロープで四人(五人)が登れる。協力するために、各組は大きく離れることがないように登る。

…人数が増えれば落石にあたる可能性も増えてしまう。少なくともルンゼ内にあるルートを二組同時に通過してはならない。

その5、四人以上が一組になって登る。
…二人組とか三人組を複数作って登るのが良い(何かあった時にロープは多い方が良い、人数多く塊にならない方が良い)のだが。メンバーに不安があって全員が繋がって登ることがある。もし人数マイナス一本のロープ(四人なら青赤緑三本)があれば、1列につながって登るのがロープがごちゃごちゃにならないで良い(トップ…青ロープ…2番手…赤ロープ−3番手…緑ロープ…ラスト)。1列につながっている場合、上から引いてもうらうロープはしっかりハーネスに連結し、下を引き上げるロープは安全環付カラビナでハーネスのビレーループに連結(いわゆるチョン掛)しておくと、ロープが交錯した場合や2番手がつるべ方式で新1番手になる場合に下からのロープを旧1番手に渡すことが容易に出来る。以下にも様々な方法を記すが、人数が四人以上の場合は一列になって登るのが最も合理的と思われる(わかりやすい,二人しか立てないビレーポイントでもOK,トップの交代が容易)

…四人が青と赤のロープ二本で登る場合(現場にロープがニ本しかない場合を想定)。

 青ロープの末端から4m上に長さ40cmの髭(魚釣りで、針を二つつけた仕掛けを作った場合の上の針とハリスの様)を作る。40cmの髭とはロープの途中にエイトノットを施して50cm程度のヘアピン状の輪を作り、その輪の先にさらにエイトノットを施して(ヘアピンは40cmに短くなる)ハーネスと連結するための輪を作ったものである。
青ロープの末端に一人、青ロープ髭に一人つながる。そして赤ロープにもう一人つながる。

 トップは青ロープと赤ロープを引いてダブルロープシステムを使って登攀を開始する。ビレーヤーは青赤ロープそれぞれの末端につながった二人である。

 トップはビレーポイントについたら万年セカンドのための方式でビレーポイントを作り、まず青ロープの髭に連結している人を上げる、同時に4m下にいる青ロープの末端につながった人も上がって来ることになる。二人がビレーポイントまで上がったら、セルフビレーをセットさせ、青ロープ末端の人に赤ロープの末端につながった人を上げさせ、青ロープ髭の人に青ロープの上下を入れ替えさせる。ロープの入れ替えが終わったら青ロープ髭の人からその人が回収してきたギアを受け取り(ギアに不足があればさらに補い)、その後青ロープ髭の人にビレーをしてもらって、二ピッチ目を登り始める(メンバーに不安がある場合はテラスに四人を全部そろえ・次の動作を指示し・ロープやギア類を整理し・全体の安全を確認してから二ピッチ目の登りを開始する)。

…四人が青ロープ1本で登る場合(現場にロープが一本しかない場合を想定)でロープウェイ方式又はロープフィックス方式を使って登ります。


十人ぐらいで登る
@シングルピッチのフリークライミングのような場合である。沢登りの場合は沢登りのロープワークの項を参照のこと。

@シングルピッチで数本のルートがある岩場なら十人いてもいい、休み休み交代で登れて楽しい。

@十人いてもトップ(クライマー)とセカンド(ビレーヤー)の役割に変わりはない。お茶係とか盛り上げ係とかの役があって良い。


一人で登る
@一人でロープを使わないで登ればそれだけ早く登れるので、登攀時間が短い方がリスクが小さい場合に有効である。

@一人でロープを使って登る方法の例を以下に記す。
…ザックにロープ送り入れる(ロープがスルスルと引き出せる)。

…ザックから出ているロープの末端Aをビレーポイントに固定する。

…そのロープに、スリングによるブルージック結びを連結し、そのスリングをハーネスと連結する。

…岩場途中の中間支点(ランニングビレーがセット出来るハーケン等)とビレーポイントの間の長さだけロープをザックから引き出す。

…ブルージック結びをザックからロープが出てる場所あたりまでスライドさせる。・・・@

…登攀を開始する。

…中間支点まで登ってロープをクリップする。
*普通のクリップだと次の中間支点まで用にザックから引き出したロープが下に流れてしまうので、ロープをただカラビナに通すのでなくて、ハーフマスト結びをほどこしておく方法がある。同じく、洗濯鋏でロープをカラビナに仮止めする方法がある。

…安定した所に立つ。

…今の中間支点と次の中間支点との間の長さだけロープをザックから引き出す。・・・A

…@〜Aまでの作業をビレーポイントに到着するまでくりかえす。

…ビレーポイントに到着したらロープをフィックスする。

…フィックスロープを使って懸垂下降し、中間支点を回収、ロープ末端Aの固定を解除する。

…フィックスされたロープにブルージック結びを施してそれを上にスライドさせながら登る。

…ビレーポイントに到着して登攀終了。

…二ピッチ目以降は以上の作業を繰り返す。
*ブルージック結びと同じはたらきをし、ブルージック結びより作業効率が良い「ソリスト」というビレー器具があったが現在は手に入りにくいようである。

アブミ・・・  写真はこちら

1990年の発行の岩小舎6号に掲載されたアブミの作り方を紹介します。一段目が最下段です。最上段が四段目となる四段アブミと三段目となる三段アブミがあります(最近は二段アブミは見ない、五段アブミは良く見る)

1,一般のプレートアブミ・・・カラビナの頂点から第三段のプレートまでが50センチくらいで二段目と一段目も大体50センチくらいの等間隔で作ります。

2,小林式プレートアブミ・・・カラビナの頂点から第四段までが40センチ、四段と三段の間が20センチ、三段と二段が45ー60センチ、二段と一段が40−55センチで作ります。これを使った友人の小林氏の軽やかな登りを見せたいものです。

3、松浦式冬用アブミ・・・四段までが40センチ、次から35センチで等間隔に作る。カラビナには長さ80センチ幅二センチテープで作ったスリングをタイオフ
(=ガースヒッチ=一回だけくぐらせたブルージック結びしてリストループにします(リストループに足を入れれば小林アブミの最上段になる)。カラビナのゲートのコの字の切れ込みをやすりで削り滑らかにしてハーケンの穴への出し入れをしやすくすると良いです(強度低下に注意)。プレートに土踏まずの所で乗るのと、二つのアブミに体重を分散しないで一つのアブミに完全に乗ってしまうのが秘訣です。これで一の倉尾根の核心部を難なくリードすることが出来ました。カラビナは手袋で持つことを考えれば大き目のやつがいいのですが、大きすぎるとハーケンの穴に入りにくくなりますので、結局、一般的なサイズでハーケンの穴に入りやすい形状の物を選ぶのが良いでしょう。

4、スリングをアブミに・・・プレートのある本格的なアブミでなくても、スリングをアブミのように使うことができます(写真はスリングによる木登りです。:幹に長スリングをタイオフし、さらにスリングを吊るしてアブミにしています)。


シングルピッチ,フリークライミングの岩場にて

1、岩場について、リードする者(以下リーダー)が終了点まで登る

(1)リーダーの動作
@始めに準備運動をする。手や指の準備運動も忘れず行う。→こちらをごらん下さい。
@ハーネスは腰の最もくびれた所にしっかりと装着する(逆立ちしてもすっぽ抜けないように)。バックルの所でベルトを折り返す(最近は折り返しをしなくとも良いハーネスが多くなっている)。
@ロープをほどく(途中に結び目がないようにする)。ロープバックに入れてロープを持ち歩けばロープをほどく必要はない。
@エイトノット(八の字結び)又はポーラインノット(止め結びを必ず追加)で連結する。右利きの場合はビレーループの左側にロープを結ぶ。
@反対側のロープの末端にエイトノットでコブタンを作っておく(長いルートの場合にロープが確保器からすっぽ抜けるのをふせぐため)。ロープバックを使っていれば末端はバックに結んであるのでコブタンを作る必要はない。
@ロープを結ぶ時に二回巻つける方法がある。二回巻きにする大きな利点はないらしい、適宜使用のこと。
@リーダーはビレーヤーのビレーシステムを、ビレーヤーはリーダーのロープの結び目を、互にチェックし合ってから登り出す。

@ヌンチャクのカラビナは上のカラビナが右に開くなら下のカラビナも右に開くようにセットする(下のカラビナを左に開くようにセットしてもOKで好みと状況により選択する)。ベントゲートのカラビナの方は回転しないように固定する(固定された状態で販売されている,固定する方が安全な理由を知っていてほしい→アルパインヌンチャクの項の6枚目の写真の下のコメント参照)。
@ヌンチャクのストレートゲートのカラビナを支点にかける、ベントゲートのカラビナにロープをかける。
@次の支点が真上になくて右斜め上にある場合はカラビナ(ロープをかける)のゲートが左側に向くように支点にかける。

@プレクリップ 
一つめか二つめの支点へのクリップに失敗するとグランドフォールしてしまうのでプレクリップしておく方が安全である。1.5メートルぐらいの棒の先にテーピングテープでヌンチャクを固定する→上のカラビナのゲートを3センチくらいの棒を夾んで開いておく→下のカラビナにロープを逆クリップにならないようにしてかけておく→一つめか二つめの支点を狙ってその支点に開いたカラビナのゲートがかかるように棒を操作する→支点にカラビナがかかったら棒を引き下ろし固定用のテーピングテープを切る。プレクリップは積極的に行うべきだと提唱したい。プレクリップマシンの項を参照のこと。
@支点の間隔が遠くランナアウトしてしまう場所を充分なゆとりを持って越えられないならば、途中で降りるか上の支点にプレクリップするかして安全を期すること。

@ロープを多くたぐってクリップするよりもなるべくたぐらない「腰クリップ」を目指す。

@途中の支点の数より2〜3個多めにヌンチャクを持つ。ヌンチャクだけでなくスリングを2〜3本携行する(何かトラブルがあっても多目的多用途のスリングがあれば解決出来る)。トップロープの支点を作る場合はさらにカラビナ2〜3枚とか長いスリングなどを持って行く。
@ヌンチャクのストレートゲートカラビナをハーネスのギアラックにゲートが外側を向くように吊るす。こうすると、ヌンチャクをハーネスから取る時に腕が伸びる方向に動くのでわずかだけれども血流を増大し結果として腕をレストさせることになる(10回近くクリップすれば積み重なる効果あり)。
@クリップにはフロントクリップとバッククリップの二種類がある。左右どちらの手でもスムーズにクリップ出来て、しかも逆クリップやゼットクリップにならないように日を変えて何度も練習する(自宅で練習できる)。

@登る時に自分の引いているロープを体側に出して登る。ロープを足にからめない&またがない(落ちると逆さまになり頭を打つ可能性がある)。
@落ちる時は絶対に何もつかまない。どうしても怖い場合は自分のロープの結び目をつかむ。
@ハーネスに腰掛けるイメージで落ちる。

@ハンガーボルトの穴に指を入れない(不意の墜落があると指を激しく痛めるから)。ハンガーボルトをつかみたい場合はヌンチャクをかけてヌンチャクの中央のスリング部分をつかむ。

@「テンション」とビレーヤーに声をかけてからロープに体重をかけて休んだり次の進路を研究したりする。テンションの時間が長くなるようなら、長めのヌンチャクで支点とハーネスのビレーループを結んで体重をそれに移動して、ビレーヤーを休ませる配慮が必要である。
@何回も同じ内容のトライを行うと筋肉や腱を痛めてしまうので「テンションアンドトライは四回以内に」すること。

(2)ビレーヤーの動作
@始めに準備運動をする。腰の運動も忘れずに行う。
@ハーネスは腰の最もくびれた所にしっかりと装着する。バックルの所でベルトを折り返す。
@ロープの末端がビレー器からすっぽ抜けるのを防ぐため、、クライマーに連結してない側のロープの末端は結び目を作る、又は、ロープバックの末端止めに結ぶ、又は、ビレーヤーのハーネスに連結する。
@リーダーはビレーヤーのビレーシステムを、ビレーヤーはリーダーのロープの結び目を、互にチェックし合ってから「登っていいよ」と指示を出す。
@ビレーヤーはATCなどの確保器の利き腕側の穴にクライマー側のロープが上になるように通して、ビレーループにつけられたHMS(ハーフマストでビレーするために作られた大きな安全環つきカラビナ)にセットする。A…エアー,T…トラフィック,C…コントローラー、H…ハーフ,M…マスト,S…ジッへル(ビレーの意)
@HMSカラビナはネジ式よりスプリング式の安全環の付いた物の方がトラブルが少ない。

@リーダーが登り出して少なくとも二つ目のカラビナにクリップするまでビレーヤーは岩壁に張り付いた位置に立つ。立つ位置はリーダーの第一クリップが右手で行われるなら右寄りの出来る限り真下である。右にいることでリーダーの第一クリップを容易にし、真下にいることで墜落した時に真上に引き上げられるようになります(横に引きずられて岩に激突しない、真上に引き上げられるので腰椎を痛めにくい)。また真下にいることで、ビレーヤーと一番目の支点の間で斜めに張ってしまったロープに墜落者の足が当たることで起こるやけど(ロープバーン)や墜落者の反転を防ぐことが出来る。
@墜落を止めるとその反動で岩に当たったり、足場からころげ落ちるような場所でビレーする場合はセルフビレーを施してからビレーする。
@リーダーが四つ目のカラビナにクリップしたあたりからビレーヤーは岩壁から離れて、上を見やすい位置に移動する。
@リーダーがロープをたぐる時、ビレーヤーは両手のストロークと足を使って体を移動することを組み合わせて、クリップするのに必要な長さ(長すぎるとクリップに失敗してたぐり落ちした場合にグランドフォールする危険がある)だけを素早く出してあげる。
@リーダーがクリップしたら登るに従ってロープを引いて行き、クリップしたヌンチャクを通り過ぎたら登るに従ってロープを出して行く。

@リーダーが落ちた時はいつでも止めなければならないのでビレーヤーは一瞬たりともスキを作ってはならない。リーダーが今落ちたら、どれだけ落ちて、どこにぶつかるかまで考えてビレーする。
@ビレーヤーがロープのリーダー側から来て確保器を通過した所を常に握っている状態を保つには、軽く握った確保の手の中をロープがスライドする方式と、両手が入れ替わって必ずその部分を左右どちらかの手が持っている状態を保つ方式がある。後者の方が操作性が良いようだ。

@「テンション」と言われたら、出来る限りロープをたぐってピンと張り、ロープが流れないようにしっかり握る。次に、腰を落としてしゃがみ体重を使ってさらにロープをピンと張って待機する。リーダーから「登ります」の合図があり、ロープの張りが緩んだら立ち上がってもとの体制に戻り、ビレーを続行する。

@「ビレーヤーが、トップの最初のクリップまでスポットをするか?」&「トップの3つめのクリップまでしゃがんでから立ち上がりながらロープを繰り出してあげるか?」の選択について。
@ルートによって使い分ける必要があるので、「スポットが必要か」と「ロープの立ち上がり繰り出しが必要か」を打ち合わせてから登り始めるのが良い。
 *ルートを見ただけでわかる熟達者コンビの場合はこのかぎりではない。
A特に理由がないかぎりスポットと立ち上がりビレーはしない方が良い。
※スポットはしない方が良い理由:
・・・スポットは出だし核心で一つ目の支点が近い場合のみ有効で、一つ目の支点が遠い場合のスポットは安全が保てないから。
※立ち上がりビレーはしない方がベターの理由:
・・・立ったままだとツーストロークのロープの繰り出しになるが、必要以上のロープの繰り出しが防げるから。
・・・リーダーの落下距離をビレーヤーが立っている状態からとっさに座りこむこで短くできるから
・・・リーダーのたぐり落ちに身構えていることができるから。
・・・ビレーヤーの目線が動かないから。
※インストラクションとしての理由:
・・・スポットと立ち上がりビレーの長所と短所が理解できていないレベルの初心者による、安易な真似が避けられるから。
・・・ビレーが未熟なのに、自信を持って「私がビレーします!」と申し出る人は多くて、そのタイプに安易なスポットや立ち上がりの真似をさせてはならないから。

2、終了点について、ロワーダウンで降りる(トップロープを残さない場合)
(1)リーダーの動作
@終了点にロープをクリップしてロワーダウンの準備をする。
@終了点は様々なパターンがあるのでそのパターンに合わせてロープをクリップしなければならない。
@終了点の信頼度を考えバックアップをとることをおしまない。
・ハンガーボルト又はケミカルボルトを二つ以上使った終了点は大丈夫と思う(ハンガーボルトのネジが緩んでいることがあるので注意)。
・大木にロープを結んだタイプは木をゆすったり、ロープの劣化を確かめてから使う。
・手打ちのリングボルトやRCCボルトは三つ以上あっても信じない。
・ハーケンは手打ちボルトよりは信頼性があるがフリークライミング用に整備された岩場にあるハーケンには疑問を持たなければならない。

@ゲートが開き双方向を向いた二枚のカラビナが残されている場合はその二つにクリップする。
・クリップしたら「テンション」とビレーヤーに合図を送る。
・ビレーヤーから「降ろします」と合図が来てロワーダウンを開始する。

@カラビナが一つだけ残されている場合は自分のカラビナを一つ寄付して補強する(カラビナが残されていなければ自分のカラビナを二つ寄付する)。古びたロープが使われている場合は自分のスリングを寄付して補強する。もったいないと思うかも知れないけれど、自分とまだ見ぬ後続クライマー達の保険だと思えば安いと言える。高いお金(数万円かな?)をかけて作られたルートを無料で使わせてもらっているのだからカラビナの二枚やスリングの二本くらいは寄付してしまうような太っ腹でいたいものだ。不安な終了点…でも…もったいなくて寄付出来ない…という人はロワーダウンせずに懸垂下降に切り替えるべし。

@終了点がカラビナのように開くゲートを持たない物(リング、鎖、ゲートが開かないカラビナ、以下リングと記載)の場合は次のようにする。
・まず、長めのヌンチャク等でセルフビレーをセットする。
・ビレーヤーに「ロープをゆるめて」と指示を出す(ビレー解除ではない、ゆるめるだけ)。
・ハーネスからつながるロープをヘアピンのように折ってリングに通す。
・リングを通ったロープのヘアピンで(ロープ2本束ねたまま)エイトノットを作り、ハーネスのHMSカラビナにかける。
・ビレーヤーに「テンション」と指示を出す。
・テンションがかかり、体重がロープに移動出来て安全を確認したら、ハーネスとロープのメイン連結の結びをほどく。
・全体の安全を確認したらセルフビレーをはずす。
・「降ろして」とビレーヤーに指示してロワーダウンを開始する。

@体の中心線(足から頭に向かう)の方向と鉛直方向の交差角が60度ぐらいに体を寝かせて行く(横になって寝るくらいの感じ)と足が岩にささった感じになる。足は肩幅くらいに開く。足が岩にささった感じを保ちながら歩くように降りる(ロワーダウンする)。

@支点(プロテクションにとったヌンチャク)の所でビレーヤーに「ストップ」と声をかける。ストップしたら支点からヌンチャクをはずす(ロープからもはずす)。はずしたヌンチャクはハーネスに吊るす。ヌンチャクの回収が終わったら「降ろして(ダウン)」と声をかけて次の支点に向かう。
@自分の仲間が次に同じルートを登る場合はヌンチャクを回収せずにそのままロワーダウンして下に降りてしまい、ヌンチャクを壁に残したままロープを引く抜く。次に登る人はその残されたヌンチャクにロープをクリップしながら登る。残されたヌンチャクを使って登っても
オンサイトやフラッシュしたことになるとされている。支点の間隔が遠くてランナアウトしてしまう場合は、残すヌンチャクにスリング(下にカラビナがかかっている)を追加すると良い。
@上記のヌンチャクを回収しないロワーダウンの際に、一番上のヌンチャクから始めて下から二番目のヌンチャクまでベンドゲートに通っているロープをはずすし、一番下のヌンチャクに通るロープのみそのまま
(ベントゲートにロープがかっかったまま)にして降りてくる。下まで降りてロープを引き抜くと、一番下のヌンチャクに(次に登る人のために)プレクリップされた状態でロープが落ちてくる。プレクリップは積極的に行うべきだと提唱したい(再掲)。

@前傾していたり、斜上するルートの場合はヌンチャクをはずして行くうちに回収したい支点から遠ざかるので、始めの最上部のヌンチャク(☆ヌンチャクとする)をはずす時に☆ヌンチャクを岩側のロープ(:ビレーヤーと終了点の間にあるロープ)からはずさないでおいて、支点からはずした側のカラビナ(ストレートゲート)をハーネスのビレーループにかけてしまう。こうすると岩側のロープにそうようにして降りて行き、必要の時は岩側のロープを引けば回収したい支点に向かうことが出来る。一番下のヌンチャクをはずす時に大きく振られることが予想される場合はビレーヤーにセルフビレーをセットするなどして引き込まれない準備をさせてから降りるか、又は、☆ヌンチャクは回収してしまいリーダーだけが振られる状態にして振られることに対応しながら降りる。
@前傾のきついルートや大きく斜上するルートの場合には一番下のヌンチャクをはずすと大きく降られるだけでなくグランドフォールする可能性がある。そういうルートの場合は(必然的に)上の方のヌンチャクは楽に回収出来るが下の方のヌンチャクは降りるに従ってだんだん回収するのが難しくなる(ヌンチャクから遠くに降りてしまう)。難しいのにがんばって回収しないで下から二個以上ヌンチャクを残して地面に降りてしまうようにする(ブランコのように振ったりしない)。一度地面に降りてロープをほどき、今つながっていたのと反対側のロープの末端(ビレーヤ側末端)につながって、セカンドがフォローしながら登る形で再度登りながらヌンチャクを回収する(ビレーヤーは今までビレーしていたのと終了点をはさんで反対側のロープをビレーすることになる)。再度登り返せないほど消耗している場合は自己脱出で登る。
@前傾がやや甘いルートで少しがんばれば回収が続けられる場合には、下から二番目のヌンチャクを残して先に一番下のヌンチャクを回収する。その後で、下から二番目のヌンチャクを回収する(振られるので地面や岩角などにぶつからないか十分に確認してから下から二番目のヌンチャクをはずす)。

一番下のヌンチャクを回収する方法
@下から二番目のヌンチャクのストレートゲートに手持ちのヌンチャク(以下:ヌンチャクA)をかけ自分のハーネスから上の終了点に延びるロープをクリップする。
Aビレーヤーに「降ろして」と指示してロワーダウンを続け、一番下のヌンチャクの所で「ストップ」と指示して停止する。
B一番下のヌンチャクのストレートゲートに手持ちのヌンチャク(=ヌンチャクB)をかけハーネスのビレーループと連結してセルフビレーをセットする。
Cビレーヤーに「ゆるめて」と指示を出し、ロープが緩んだらセルフビレーにテンションを移す。
D一番下のヌンチャクのベントゲート側のロープ(ビレーヤーから終了点に向かうロープ)をはずす。同左のロープはビレーヤーから下から二番目のヌンチャクを経由して終了点まで続き、終了点で折り返してヌンチャクAを経由してクライマー(壁途中にいる回収者)に繋がる形になる(以下:トップロープ)。
E一番下のヌンチャクを手がかりに数十センチメートル登り、ビレーヤーに「テンション」を指示する。テンションがかかった所でセルフビレー(ヌンチャクB)及び一番下のヌンチャクを回収する。
Fトップロープのビレーヤーに近い側を両手で持ちゴボウで下から二番目のヌンチャクまで登る(登れるなら普通に登っても良い)。
G下から二番目のヌンチャクのストレートゲートに手持ちのヌンチャク(=ヌンチャクC)をかけハーネスのビレーループと連結してセルフビレーをセットする。
Hビレーヤーに「ゆるめて」と指示を出し、ロープが緩んだらセルフビレーにテンションを移す。
I下から二番のヌンチャクのベントゲート側のロープ(ビレーヤーから終了点に向かうロープ)をはずす。
J下から二番目のヌンチャクを手がかりに数十センチメートル登り、ビレーヤーに「テンション」を指示する。テンションがかかった所でセルフビレー(ヌンチャクC)とヌンチャクAと下から二番目のヌンチャクを回収する(回収すると振られるので注意)。
Kヌンチャクが全部回収出来たらロワーダウンで下まで降りる。
※上記のFの時にゴボウで登れないほど消耗しているなら、回収をせずにロワーダウンで下まで降りて、消耗の回復を待って残されたトップロープを使って普通に登り(普通に登れないならゴボウで登り)、Gにもどる(登りを別の人に依頼しても良い)。

@地面に降りたらロープを引き抜く。

(2)ビレーヤーの動作
@「テンション」と言われたら、出来る限りロープをたぐりさらに腰を落としてロープをピンと張る。リーダーに「降ろします」の合図を送り、立ち上がり、岩壁から離れていた場合は岩壁に張り付く位置まで歩いていき、それからロープをゆっくりと繰り出し(流し)て行く、ロープを繰り出すスピードはなるべく等速度を保つ(降りる人が安心する)。地面近くまでリーダーが降りてきたらスピードを極端に遅くしてゆっくりと着地させる。
@リーダー側でない方のロープの末端はエイトノットなどで結び目を作っておくことを基本とする。そうすればロープの長さが足りなくなってビレー器具をすっぽ抜けることがふせげる。
@ロープの長さが足りなくなってリーダーが壁の途中で止まってしまったら、ビレーヤーはロープの末端(リーダー側でない方の末端)近くを自分のハーネスに仮固定(
ATC仮固定)する。ビレーヤーは下降用のロープと支点工作用のスリングやカラビナを持って、リーダーが着地するまで同ルートを登り、途中のプロテクション(信頼性の高いもの)から懸垂下降する。信頼性の高いプロテクションがない場合は着地したリーダーにロープをほどくことなくそのロープをビレー(リードアンドフォローのロープワークでトップがセカンドをビレーする形)をしもらい終了点まで登ってしまう、終了点でセルフビレーをとりビレーを解除の指示、終了点から補助ロープとメインロープの二本を使って懸垂下降する。
@下降中のリーダーが支点の所で「ストップ」と合図して来たらロープを繰り出すことを止めて、ヌンチャクの回収を待つ。ヌンチャクを回収したらまたロープを繰り出す。
@リーダーが一番下ヌンチャクを回収するとに大きく振られることが予想される場合は、下から二個以上ヌンチャクを残して地面まで降りるように指示する。


3、終了点について、トップロープをセットしてからロワーダウンで降りる。(トップロープフリーの岩場)
リーダーの動作(上記2と重複しない項目)
@トップロープの支点を新たにセットするのは終了点の消耗を少しでも減らすため & トップロープが残されていてもそのロープの脇を別パーティがリードクライミングで登れて同ルートの終了点を使ってロワーダウンすることが出来るようにするためである。
@ロワーダウン用に設置されたリングやカラビナなどを支点として使わずに自分のカラビナでトップロープの支点を作る。

@終了点の様々な状況に合わせてトップロープの支点を作る。
・まず、長めのヌンチャク等でセルフビレーをセットする。
・ビレーヤーにセルフビレーをセットしたことを知らせる(ビレー解除ではない、ゆるめるだけ)。
・終了点を作る二つ以上(太い生きた立木の場合は一つでも可)の支点(支点の強度によりその数は自分で決める)を使ってトップロープの支点を作る。
・トップロープのかかる所はゲートを反対に向けたカラビナを2枚使用すること。安全環つきカラビナであっても2枚使用する(安全環が回ってはずれた例がある)こと。
・終了点のボルトとか鎖とかに向きを変えた二つのヌンチャクをかけてトップロープの支点を作ることが多い。二つのヌンチャクにそれぞれ均等にトップロープの加重がかかるようにすること(ヌンチャクをかける鎖の穴の位置を工夫するとかスリングを使って長さ調節するなど)。
・終了点のボルトの穴に残置のロープが通っている場合は、ボルトの穴のロープの下にカラビナをかけるかスリングをかけて支点工作をする(ロープの上にカラビナをかけてそれに加重をかければ、ボルトの穴とカラビナに挟まれてロープが傷む)。

@フリークライミング協会の設置した終了点の場合は長いスリングで流動分散をかけて支点を作って良い(支点を守ることにつながる)。流動分散は一方の支点が壊れた時にハンマーで打ったような衝撃がもう一方の支点を直撃するので一般的ではない。

@「ゆるめて」とビレーヤーに言い、自分で作ったトップロープの支点のカラビナ2個(自分のカラビナ)にロープをかける。
@「テンション」とビレーヤーに言ってロープを張ってもらう。
@ロープに体重を移して安全を確認したらセルフビレーをはずす。
@「降ろして」とビレーヤーに指示してロワーダウンする。
@次の人が順番待ちをしている場合にトップロープを残させてもらう場合はロワーダウンしながら
ヌンチャクを全部回収する。岩場が貸し切り状態で次の順番待ちの別パーティがいない場合はヌンチャクを回収しないでそのままロワーダウンする。ヌンチャクを回収しないで次の人がトップロープクライミングすれば、たくさんのランニングビレー(ヌンチャク)にロープが通っているので安全度を大きく高めることが出来る(ロープを引き抜けばリードクライミングも出来る)。

@トップロープを使ってクライミングを楽しんだら、最後の人はトップロープを残さないでロワーダウンで降りる方法を使って降りる(トップロープセットに使ったヌンチャクやスリングは回収する)。

@レンチ13mm,17mm,19mmを持って行き、ボルトのネジを締めながらなロワーダウンしたいものだ(寒暖の差でネジはいずれ緩んでくる)。

4、終了点まで行けずに途中で降りるリーダーの動作(上記2と重複しない項目)
@途中の各支点にヌンチャクを残したままロワーダウンをして、次の人にバトンタッチ、ヌンチャクの回収は終了点まで行ける人が担当する。
@終了点まで行ける人がいない場合の方法は四つある。◆一つ目・・・最高到達点から補助ロープ(あらかじめ持って行く)を下まで降ろし、それを使ってプレクリップの棒を上に引き上る。プレクリップ用のヌンチャクの下のカラビナに長いスリングをかけて、上の支点にプレクリップする。その長いスリングをつかんで上の支点まで行く。この岩場途中でのプレクリップを何回か行って終了点まで行く。◆二つ目・・・あらかじめ残置してよいカラビナを二つ持って行く。最高到達点とそのすぐ下のヌンチャクを残置用のカラビナと取り替える。残置用のカラビナを使ってロワーダウンする。もったいなくても二つの残置カラビナを残すこと。◆三つ目・・・人工登攀に切り替える。例1…支点にかけたカラビナをつか)む(A0)。例2…支点にスリングをかけてそれに足を入れてアブミとして使う(A1)。例3…
フイフイ・フレキチューブヌンチャクを使って登る。フイフイ・フレキチューブヌンチャクとは、60cmぐらいの長さのスリングをフレキシブルでやや強い管(電気配線用の蛇腹のついたプラスチック管が良い)に通し、フイフイとカラビナを両サイドにつけたヌンチャク下のプレクリップマシンの項の中段に写真と使用法が掲載されている)。◆四つ目…300cm程度の長いダイニーマスリングを携行して登る。それを支点を懸垂下降のように通し、長スリングにつかまって下の支点まで行く。下の支点に到達したら、長スリングを回収する。以下これを繰り返し下まで降りる。ビレーをしてもらっている状態で降りられる。


5、ロープの長さの半分より長いルートを登ってしまった場合の動作
*ロープの末端がビレー器からすっぽ抜けるのを防ぐため、、クライマーに連結してない側のロープの末端は結び目を作っておく、又は、ロープバックの末端止めに結んでおくか、ビレーヤーのハーネスに連結しておく、こと(再掲)。

<ロワーダウンの途中で、ロープが足りないとわかった場合で、ロープが2本ある場合>

ビレーヤーが2本目のロープをメインロープに繋ぎ、結び目通過させます。
@リーダーとビレーヤーが協力して結び目を通過させる。
リーダーは終了点から下って来るロープにオートブロックヒッチでスリングをセットし、ハーネスの安全環付カラビナと結びセルフビレーをセットする。もし、終了点から下って来るロープにリーダーの手が届かない場合は途中の支点にセルフビレーをセットする(その際はたった1つ支点を使ったセルフビレーなので、リーダーはホールド持ちスタンスに立ってレストの状態でビレーヤーの結び目通過を待つこと)。リーダーがセルフビレーをセットしたら、ビレーヤーは素早く結び目を通過させ。ビレーを再開する。

Aビレーヤーのみで結び目を通過させる。
メインロープにオートブロックヒッチでスリングをセットし、そのスリングとビレーヤー近くの強固な支点とをマリーナヒッチで結びテンションをマリーナヒッチに移す。ビレーヤーは結び目を通過させた後、マリーナヒッチのテンションを徐々にゆるめて、再度テンションをビレーヤーに戻す。マリーナヒッチの出来る長スリングがない場合は2本目のロープの反対側の末端を補助ロープとして利用して結び目通過する→こちらをごらん下さい。

<ロワーダウンの途中で、ロープが足りないとわかった場合で、ロープが1本しかない場合>

リーダーは確実な支点のある所まで登り返す。二つ以上支点を連結した強固な支点を作る。セルフビレーをセットしてビレーを解除してもらう。確実な支点にカラビナを残置し、メインロープを使って懸垂下降する。ロープが足りなくて下まで懸垂下降出来ない場合は途中まで懸垂下降する。途中で二つ以上支点を連結した強固な支点を作り、そこから再度懸垂下降する(迷わず複数のカラビナを残置すること)。

<終了点で、ロープが足りないとわかり、さらに、別の長いロープに取り換えてトップロープを残したい場合>

リーダーは終了点でセルフビレーをセット(確実にセット)しそれにテンションを移して、ビレー解除を指示する。以下@またはAの方法を選択して長いロープを引き上げ、トップロープをセットする。その後、セットしたトップロープを使い懸垂下降で下まで降りる。
@フリーになったメインロープ引き上げて、中間支点から抜き、それを荷揚用ロープとして使う。荷揚げ用のロープを下に投げ、もう一本の長いロープを引き上げる。

Aフリーになったメインロープの末端にもう一本のロープをテーピングテープを用いて連結(2本の水道管を連結するようにロープの末端どうしを合わせて、連続した一本のロープにするかのごとく、継ぎ目をなるべく滑らかに連結)のしてもらいそれを引き上げる(もう一本のロープは中間支点を通過しながら登ってくる)。もう一本のロープが上がって来てからは@と同じ方法で懸垂下降をする。@の方法との違いは「途中にブッシュとか大きなハング等があってロープを投げても下に届かないルート」でも、もう一本のロープを引き上げることが可能となる。途中でテーピングテープが切れてしまってもう一本のロープが上がらない場合は@に切り替える。@に切り替えられられない場合は、トップロープのセットをあきらめ、途中まで懸垂下降する。途中で二つ以上支点を連結した強固な支点を作り、そこから再度懸垂下降する(迷わず複数のカラビナを残置すること)。


<参考資料>

トップをビレーするビレーヤーの位置

1、トップをビレーする場合のビレーヤーの立ち位置は以下を基本とする。

1-1 登りだしから中間支点三つ目をセットをするまで…一個目の中間支点の真下で岩にピッタリ張り付いた位置でビレーする。トップが落ちたら真上に引き込まれながら衝撃を吸収する。落石には充分注意する。

1-2 トップが中間支点を三つセットしたら…岩から2〜3メートル離れてもOKであるが、トップの動きには細心の注意をはらい続けること。

1-3 トップがルンゼ(凹状)の中を登る場合…ルンゼの中は落石の通り道なのでルンゼの外に出てビレーをする。

2、西丹沢の鬼石沢の避難小屋から三番目の滝で8メートル登った所で中間支点を一つセットしてさらに2メートル登った所で動く大岩と共に落ちた。中間支点があるのにそこで止まらず。10メートル下まで落ちてしまった。滝から離れて滝壺の縁にいたビレーヤー(体重の超少ない女性だった)が中間支点に向かって5メートルほど引きずり込まれてしまったからである。10メートル落ちたのだが墜落のエネルギーがビレーヤーを引きずることで吸収されていたので大きな怪我はしないですんだ。岩角などに当たらなかったのは運が良かったとしか言えない。以下応用例を示す。

2-1 滝があって滝壺があってビレーヤーがいる場合は、ビレーヤーが滝壺に引きずり込まれることが予想される。そういう場合はビレーヤーの後方にセルフビレーをセットしなければならない。その際はセルフビレーの支点と1個目の中間支点を結ぶ直線上にあって、セルフビレーのロープがわずかにたるむ(テンションをかけない)位置に立つ。トップが墜落したらテンションがかかるまで引き込まれるが、それによって墜落のエネルギーが吸収されることになる。

2-2 高巻きの開始などで沢の側壁を登る場合は多くの落石が予想されるので、側壁から離れてビレーをしなければならない。ビレーヤーの後方にセルフビレーをセットするならば(するしないはその場所の状況による)、落石を避けるエリアが確保出来る程度にセルフビレーのロープを長くすること。大きな屈強な男性がビレーヤーとなってセルフビレーをセットしないで済ませるのがベターだ。

2-3 華奢な人は後方にセルフビレーをセットする方法を採用しない方が良い、トップの墜落によって中間支点めがけて(水平やや斜め上の方向に)ハンマーで叩くような大きな衝撃を受けるので、腰を傷めてしまう可能性があるるからだ。華奢の人の場合は後方にある立木や大岩などを利用した支点ビレーを使うべきである。ロープの操作性が少し悪くなるのと、中間支点にかかる負担がほんの少し大きくなるデメリットは無視するしかない。

2-4 日和田山の岩場のように、緩傾斜の岩場に連続して登攀対象となる急傾斜の岩場がある場合、急傾斜の岩場の方の岩にピッタリ張り付くことが出来ないので、ビレーヤーの後方にセルフビレーをセットする方法を用いる。華奢な人は支点ビレーを行う。

2-5 シングルピッチの場合は通常はセルフビレーをセットしないが、ビレーヤーの立つ位置の足場が悪くトップの墜落の衝撃でビレー態勢が崩されることが予想される場合は、態勢が崩れない方向に働くようにセルフビレーをセットする。華奢な人は支点ビレーを行う。

2-6 トラバースしたりハング越えたりするルートの場合は、墜落したトップを安全なテラスに降ろせる工夫(トップに補助ロープを引かせるなど)をしてからビレーをする。

2-7 沢のゴルジュでトップが側壁をへつる場合はゴルジュに入る前の河原でビレーをする。トップは中間支点にロープを通さずに進み(中間支点を用いて人工登攀するのは可)、落ちた場合は流れに乗ってビレーヤーのいる河原まで戻る。ビレーヤーは高速でロープをたぐりトップを河原に引き寄せる。なのでエイト環やATCなどのビレー器具は用いない。ロープは手で持つのみ肩がらみもしない。

2-8 沢の渡渉の場合はビレーヤーが一人の場合は下流の河原でビレーをする。渡渉に失敗して流されたらへつりの場合と同様にビレーヤーは高速でロープをたぐり、トップを河原に引き寄せる。なのでエイト環やATCなどのビレー器具は用いない。ロープは手で持つのみ肩がらみもしない。ビレーヤーが二人になれる場合は川上の河原にもう一人が立つ。川上のビレーヤーはトップが流されたら、ロープの流れをコントロールして下流側ビレーヤーが河原に引き寄せるのに協力する。ビレーヤーが三人以上になれるなら、三人目以後は川下の河原に配置してロープを引き寄せる力を増強する。

2-9 デージーチェーンの縫い目の強度は割と小さくて、大きな衝撃加重には耐えられない。セルフビレーは必ずメインロープでセットしてデージーチェーンはバックアップとしてのみ使うこと。ちなみに筆者は沢登りにデージーチェーンは携行しない。

2-10 トップの登りだしから中間支点一つ目をセットをするまで、スポット(トップが墜落したら手で支えて安全に着地させる)を行う人がいるが、安全でない場合が多い。スポットは、ボルダーの下の平坦な広場で、大きなスポンジマットを敷いて行う性質のものであることを知っていなければならない。同じく、中間支点二つ目くらいまで、しゃがみこんでビレーし、トップがクリップする時に立ち上がりながらロープを出すビレーヤーがいるが(フリークライミング競技のやり方)安全でない場合が多い。座っていては、トップの墜落の際に、走り出したりしゃがみこんだりして、高速でロープを引くことに対応出来ない。



◆ルベルソーキューブ(あるいはATCガイド等)によるビレー

@ロープを半分から分けて2本にして二人を同時に上げる場合に有効である。ルベルソーキューブ(以下キューブを略)を2個持っていて個別にセットすると、一人落ちて一つがロックしても、もう一人の方のルベルソーはロックしない。ビレーポイントでセルフビレーをセットしなくても良い。次のピッチはセカンド2人のルベルソーを借りてまたそれを2個持って登る(3人組にルベルソーが4個あるということ)。
Aルベルソーキューブを吊るす支点は確実なものでなければならない(確実でない場合はクラシックな腰がらみによるビレーが最も有効である)。
Bルベルソーキューブを支点から吊るすカラビナは小さな安全環付カラビナ、ルベルソーキューブとロープの間にセットされるカラビナは大きなHMSカラビナである(HMSカラビナを使わないとスムーズなロックの解除が出来ない。

◆ルベルソーキューブのロックの解除
解除法@:解除ホールに補助ロープを結び、そのロープを上部の適当な位置に作った支点から吊るしたカラビナに通し、さらにビレーヤーのハーネスと結ぶ(補助ロープに弛みがないように結ぶ)。ビレーヤーはビレーの手側のロープをしっかり持ちながら(ガクンと落ちるように解除されるのを防ぐために)ゆっくりとしゃがみながら補助ロープを引いて、ATCガイドをロックが緩む向きに(ビレーホールを中心にして)回転させる。
解除法A:解除ホールにカラビナのゲートのバネでない側を引っかけて、それをテコにして、ATCガイドをロックが緩む向きに(ビレーホールを中心にして)回転させる。腕力の弱い人の場合はこの方法が出来ない可能性が高いし、習熟していないといきなりガクンと落とすように解除させてしまうので、解除法@を最優先させること。
解除法B:HMSカラビナを上下にキコキコと動かす(数センチメートルオーダーでわずかにロープを緩める方向に動かすことが出来る)。
・附録:1つのルベルソーで後続2人に繋がるロープを2本同時にビレーすることが容易である。しかし、一人だけ降ろすことが大変なので注意が必要である(
テンションのかかっていない方のロープにフリクションヒッチを施してからロックを解除しなければならない)。
・附録:ルベルソーキューブでロープを登る方法がある。即ち、ハーネスのビレーループに降りる方向にロックする(登りはロックしない)ようにそれをセットし自分で自分をビレーしながらロープを登る(ホールドが豊富な緩斜面に有効である)。



◆オンサイト
@下調べや、他からの情報をもらうことなしに初見で登りきること。
@登る前からヌンチャクがセットされているルートでも下調べなく初見で登りきれたらオンサイトになる。
@私見だが、フラッシュとオンサイトを高く評価する考えは自然の岩場でのクライミングを普及することには向かないのではないかと考えている。

◆フラッシュ
ルートの情報を下調べしたり、実際に登っている姿を見た後で初めてのトライで登りきること。

◆マスター
ルート上にあるボルトやハーケンなどのプロテクションに自分のヌンチャク等をセットしながらリードで登ること。

◆レッドポイント
@何回もトライした後で「ノーテンション&ノーフォールで登りきる」こと。
@私見だが、レッドポイントが一番うれしいし、高く評価される方向に持って行ければと考えている。


◆ゴボウ
@クライマーが墜落して上の支点から吊られている状態になった時に、自分のハーネスから上に出ているロープでなくて、上の支点からビレーヤーに向かっている側のロープを体重をかけて下に引くことを言う。クライマーがビレー側のロープを引き、なおかつビレー側のロープがクライマーの体重を完全にささえることになるので、クライマー1人の力でその体が上昇して行く。目的とする高さまでその方法(ゴボウ)で登り返したら、クライミングを再開する。
@また、救助の現場で1人分の体重のかかったロープ1本を数人で引き上げることもゴボウと言う。負傷者を素早く一気に引き上げることが出来る。


間と登るロープワーク(2)に行く
└ロープワークのページを連続して読んで行くことが出来ます。